百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カマキリの赤ちゃん、登場です~

日曜日に庭で水やりをしていると、

カマキリの赤ちゃんが水に驚いて、飛び出してきました。
e0288951_1894960.jpg

あら~、カマキリの赤ちゃん、ようやく来てくれたのね。

待ってたのですよ~

カマキリは一つの卵のうから200匹くらいのベビーが生まれるそうですが、

カマキリは赤ちゃんといえども食欲旺盛で、

赤ちゃん同士がお互いに共食いをして、生き残った者が縄張りを得て、この地に棲みつきます。

共食いをするくらいですから、

アブラムシはもちろんのこと、いろいろな虫を食べてくれそうです・・・

これから庭の虫退治に拍車がかかります。

ようやくです。

庭には、オオカマキリとハラビロカマキリ、二種類の卵のうがありましたから、

このカマキリが、そのどちらなのか・・・・はっきりとわかりません。

お腹の模様からすると、ハラビロカマキリかもしれないですね。

2012年からの3年間は、この庭ではオオカマキリが天下を取っているように見えたのですが、

昨年、ハラビロカマキリがイモーションブルー(バラ)に君臨していましたから、

カマキリ同士の力関係が微妙に変化したようにも見えるのです。

オオカマキリとハラビロカマキリ、どちらが強いかなど私は知りませんけど・・・・


カマキリはバラの花に潜んでいて、バラの花にやって来る虫を捕まえます。

バラの花にはいろいろな虫がやってきますから、

楽に獲物を捕まえることができるので、カマキリはバラの枝を住処にしています。

そう、キリギリスもバラの枝にいます。

クダマキモドキもいます。ウマオイに似た虫もいます。

どういうわけか、みな仲良く共存していますね。

カマキリとキリギリスとクダマキモドキ。

みんな庭の仲間です。


バラ(ローゼンドルフシュパリスホープ)にいるハナグモ、虫を捕まえてくれます。
e0288951_1903552.jpg

フリュイテ
e0288951_1941877.jpg

クレマチス
e0288951_1972211.jpg



バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




by gutsuri | 2016-05-24 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)