百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

アオスジアゲハはプルプレアが好き

アオスジアゲハがヒラヒラとやって来て、葉っぱに止まっていました。

ニンジンボク、プルプレアの葉に、アオスジアゲハが止まったのですよ~
e0288951_14432356.jpg

上の写真、中央少し右寄りにいます。

上手い具合に撮れました。

アオスジアゲハの食草はクスノキですから、キアゲハのパセリとはエライ違いです~

蝶々の種類によって随分と食べるものが違いますが、

異なる食べものを食べること、

それは生き物が同じ場所で共存できる生き方であり、

そして、生き物の生き残る道なのだそうです。

生物多様性の根源は、違う食べものにあり!

意外に感じますが、真実のようです。


アオスジアゲやクロアゲハがこの庭を通り道にしてくれるだけでも、

毎日訪れてくれるだけでも嬉しいと思っていましたが、

好みの葉があったのですね。

そういえば、このところ急にプルプレアが伸びてきて、新芽をたくさん出し、

あっという間にたくさんの葉っぱが枝に付いています。

プルプレアは成長が遅いというのが一般的ですが、

我が家のプルプレアは驚くほど成長が早くて葉が茂ります。

30センチのプルプレアの苗を買いましたが、

3年で高さ3メートルを超え、葉が茂り、強風で倒れそうだったので、

かなり強剪定をして、高さ2メートルにし、大きな枝を落としました。

しかし今年もまたグングン伸びるのでしょうね~

アオスジアゲハの好みの木・・・プルプレア♪


そしてこちらはいつもの通りキリギリスです。
e0288951_15262472.jpg

庭に何匹のキリギリスの子供がいるのかわかりませんが、数匹はいるように思います。

あちらこちらで見かけますから・・・

キリギリスは夏になって大人になると、カマキリにも負けないほどの狩人なのですが・・・・

逞しい肉食昆虫になるのですが・・・・

幼いうちは、草食昆虫で、花びらや花粉などを食べています。

傍にバラゾウムシがいるのに見過ごしていたり、

ちょっと追っかけているのだけれど、遊んでいるだけだったり、

このキリギリス、随分大きくなってきたように見えるのですが、

見かけはともかく、中身はホント、子供そのものです。

キリギリスの子供がバラのベッドでお昼寝しています。
e0288951_15271048.jpg

クイーンオブエリザベスの花の一つを占領していますよ。


そして、こちらはクマンバチがブ~ン、ブ~ンと羽音を立てて飛び回っています。
e0288951_17115641.jpg

シナモンゼラニウムの花の蜜を吸っています。
e0288951_21254551.jpg

たくさんの生命が息づいているこの小さな庭。

生命力溢れるこの庭。

ここにいると知らずの中に「母なる自然」を感じることができて、

身体も心もリラックスし、癒され、本当に気分が良くなります。

文字通りのナチュラルガーデンです。


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




by gutsuri | 2016-05-21 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)