百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

キリギリスは人懐っこいから可愛い~

シスターエリザベスが咲いています。
e0288951_15131822.jpg

写真の左下に見える蕾が枯れています。

バラゾウムシの仕業です~

でも元気な蕾もありますから、これからもう少し咲いてくれそうですね。

繊細でデリケートな感じのするバラです。

細い枝に咲きますから、開花するとどうしてもうな垂れてしまいます。

イモーションブルー
e0288951_1542230.jpg

ピエールドゥロンサール
e0288951_15423058.jpg

今年はピエールドゥロンサールが元気がありません。

小振りの花が3~4輪咲きましたが、いつもの華麗さはないのですよ。

これから本領発揮かもしれないけれど・・・

シャンタルメリュー
e0288951_15442915.jpg

シャンタルメリューは遅咲きのバラでいつもは6月に入ってから勢いを増すのですが、

今年は早く咲いて驚いています。

写真を撮っているとキリギリスが挨拶に来るのですよ~
e0288951_1545441.jpg

キリギリスは人懐っこいので、可愛いです。
e0288951_15463739.jpg

キリギリスはカメラを近づけても平気でポーズをとってくれます。

逃げません。人を恐れません。

カマキリはカメラを警戒して、レンズを近づけると逃げていきます。

まあ、これが普通ですけどね。

突然この足の長いクモみたいなものが現れてちょっとビックリ・・・
e0288951_1547489.jpg

これはクモではなくて、ザトウムシなのだそうです。

ザトウムシは雑食らしく、バラの害虫ではなさそうです。

自然界に必要のない生物は存在しない」そうですから、見守ることにします。

バラの蕾にアブラムシがいたので手で払いのけようとすると、

そこにいたらしいハナグモがジャンプして葉の陰に隠れました。
e0288951_15494897.jpg

このハナグモは小さくてまだ子供のようですが、アブラムシを食べていたようです。

こちらのクレマチスも咲き始めました。色着きはまだ薄いですが・・・
e0288951_15503830.jpg


庭に出る度に気が付くことがあります。

草ぬきをしなくては・・・

伸びすぎているものを切らなくては・・・

伸びてきた百合の茎が倒れかけているので支えの棒が必要だとか・・・

今年はこれが元気がないけれど、そばの枝が邪魔をしているのではないかとか・・・

あれもしなくては・・・これもしなくては・・・と、気持ちは焦るばかり・・・

でも家の中に入るとすっかりのんびりモードになって、忘れてしまうのです。

困ったものですね~


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




by gutsuri | 2016-05-17 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)