百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

舌苔と舌の清浄 2

母の舌のお掃除は、毎晩するようにしています。

タングジェルはとても甘いので、母にとってはそれが魅力のようです。

でも、タングジェルを毎晩身体に摂り込んで、大丈夫かしら・・・と気になるところでもあります。

舌ブラシにタングジェルを薄く塗り広げてから、優しく舌を擦るのですが

2か月くらいでタングジェル一本を消費していますから

かなりの量が身体に入っていることになりますね。

先日の往診の折、先生にお聞きすると、

舌苔を除去するには、重曹がとても効果があると聞きました。

重曹はお掃除にも使われますが、ベイキングパウダーも重曹ですから、

口に入れても食べても問題はないそうです。

そういえば、市販のケーキやクッキー、ホットケーキミックスなどには、

重曹はたくさん含まれていますよね。

先生は、舌苔は重曹できれいに取れるとおっしゃいます。

そこで、早速母に試しました。

10cc位の水に小さじ半分くらいの重曹を入れて溶かし、

それに舌ブラシを浸して液を含ませ、優しく摩ります。

すぐに舌ブラシに薄い茶色の汚れがくっつきました。

確かに効果があるように感じます。

ただ、母には今まで甘いタングジェルを使っていましたからね~

その印象が母は強いらしく、

重曹のように、そのものずばり、きれいにしましょう~というだけの代物は、

エンターテイメント的にも、面白みに欠けるようです・・・母にとってはですよ・・・

「今日はもういいから・・・」とか、「舌の汚れはもういいのよ・・・」とか、

いろいろと理由を付けて、口を閉じてしまいます。

幼児と同じですね。

そこで、舌ブラシをまず重曹水に浸して、それからタングジェルを少しつける・・・

ダブル使いです・・・

こんな感じで舌のお掃除をやっていますよ~

母も舌のお掃除はしなくてはいけないとわかっているようですから、

適当に加減をしながら、力を抜いて、舌のお掃除をしています。


舌苔をすべてきれいに除去するという事は、もう考えていません。

舌苔と上手く付き合っていこうと考えています。

本当は、舌苔の除去をきちんとしたいところですが、

百寿者が相手では、それは難しいのですよ。

舌ブラシの表裏に汚れが付けば、それで舌のお掃除は終わりにしています。

数回擦るだけです。

「汚れが取れて良かったわね~」 「ほら、こんなに汚れが落ちわわよ・・・」

このような感じでやっています。


クンシランとカラー
e0288951_23101654.jpg

モッコウバラが上の方だけ咲いています
e0288951_23113179.jpg


クリックをお願いします



by gutsuri | 2016-04-23 07:00 | 健康 | Comments(0)