百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

花粉団子

バラゾウムシはいないかな・・・と、目を凝らして、

毎日、伸びてきたバラの新芽やつぼみを見ています。

すると、ブ~ン、ブ~ン、ブ~ンと煩いくらいに、ミツバチやクマンバチが飛んでいるのに気が付きます。

ブルンネラの花に首を突っ込んで蜜を集めているミツバチです。
e0288951_18141976.jpg

しばらくしてから、黄色の足をしたミツバチが飛んできました。

花粉団子をくっつけています。(写真の中央)
e0288951_1817395.jpg

が、なかなかうまく花粉団子が撮れません・・・
e0288951_18181715.jpg

昨年、ヒヤシンスにいたミツバチの花粉団子です。
e0288951_18221483.jpg

後ろ足の付け根のところに黄色い丸いものが付いています。これが花粉団子です。
e0288951_18243379.jpg

ミツバチもクマンバチも、とても働き者ですね~

忙しなく花から花へ飛び回って、蜜や花粉を集めています。

花粉団子は健康食品として販売もされているそうですよ~

細胞の老化を防ぐ効能があるそうです・・・


今日はテントウムシがイチジクの葉で日向ぼっこをしていました。
e0288951_18551666.jpg

テントウムシが現れるってことは、アブラムシがいるのかもしれませんね。

アブラムシは早めの退治が肝心です。

アブラムシが繁殖すると手が付けられなくなります。

テントウムシに活躍してもらいましょう。


先日、強風の日が2日間あり、ここは海が近いので、あのような強風が吹き荒れると、

強風で舞い上がった海水が、強風で吹き飛ばされ、

かなり遠くまで、海水が飛んできます。

霧のような海水が風に乗って、はるかかなたまで、

波のように、次から次へと押し寄せて来るのです。

強風と一緒に霧の海水がやって来るのが目に見えるのですよ。

バラの葉が塩害です。
e0288951_20281974.jpg

台風の後のように、葉が変色しています。

クレマチスの葉も変色しているものがあります。

新芽やつぼみもいくつか飛ばされていました。

これからまた、新しい芽やつぼみを出してくることでしょう。

たくましいですからね。

ナニワイバラが二つ咲いていました。
e0288951_2043147.jpg


クリックをお願いします



by gutsuri | 2016-04-20 20:56 | ナチュラルガーデン | Comments(0)