百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ようやくバラの蕾

スーパーでメカブが売られています。

わかめの根っこに近い部分の茎に、フリルのようについています。

今が旬ですね。

でも、今年は地元のメカブは全滅なのだそうです。

売られているのは、近場から仕入れて来たものだとか・・・

私は湘南の海を海岸線に沿ってドライブすることがあるのですが、

そういえば昨年、逗子や鎌倉の海が、赤や茶色に染まっていて驚きました。

赤潮です。

温暖化・・・異常気象・・・百年に一度の何とか・・・など、

何があっても、もう、それほど驚かなくなりましたけど、

いつもはきれいな青い海が赤く染まっていれば、

一体何事が起きたのかと心配になりました。

いろいろな所でちょっとした異変が見られますよね。

今年は冬が暖かでしたから、身近な所でも、

草木や花の様子がいつもと少し違うように感じています。

庭の木蓮は、2月の中旬から咲き始めて、今ようやく花が咲き終わりました。

なんと、一か月以上もの間、木蓮の花が咲き続けていました~

このようなことは初めてです・・・

我が家のバラは、他よりも一週間くらい遅れて咲きます。

肥料を与えていないからか、日当たりがなせるわざなのか、芽出し肥を使っていないからか、

はたまた、虫たちが開花を邪魔しているためなのか、どういうわけかわかりませんが、

とにかくバラ全体の開花が遅いのです。

ところが嬉しいことに、今日、バラの蕾を幾つか発見しました。
e0288951_2205148.jpg


e0288951_2211598.jpg


雨の日が続き、3~4日庭に出ていない間にも、草木はグングン伸びていました。

このバラの蕾が無事に咲いてくれるといいのですが、

庭には邪魔をする草食昆虫がたくさんいますからね。

虫に食われて蕾がだめになったとしても、

すぐに次の蕾を出してきますから、バラの木も逞しいものです。

リキュウバイが咲いています
e0288951_2254392.jpg

チューリップも・・・
e0288951_22561471.jpg

イチジクは可愛い実もオマケに付けています。
e0288951_23175059.jpg

カメムシの種類だと思いますけど名前はわかりません (ミツボシツチカメムシのようです)
e0288951_23194550.jpg


クリックをお願いします



by gutsuri | 2016-04-07 07:00 | ナチュラルガーデン | Comments(0)