百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

火星への片道切符

私はテレビをあまり観ませんが、

台所に小さ目のテレビがあって、食事の支度をしながら、また、後片付けをしながら、

テレビを観ています・・・というよりは、テレビを聞いています・・・

先日といってもかなり前ですが、思わず手を止めてテレビにずっと見入っていましたよ。

それは、「火星への片道切符」に、世界から20万人の人が応募して、

その中から選ばれた百人の人が、

これからいろいろなテストを受けたり、

火星への飛行、火星での滞在などに必要な学問をこれから学んでいき、

そして、最終的に男女2人づつ計4人が選ばれて、

10年後の火星への出発を目指しているというものでした。

百人の中に選ばれたというイギリス人のインタビューがありましたが、

目から鼻に抜けるような彼の話の簡潔さ、その適切さに、目を見張りました。

ああ、このような人が選ばれるのね・・・・

選別には、今の資格とか何かの専門家である必要はまったくなくて、

医学、機械、宇宙、それから生活一般(火星での)など、必要なことについては、

これから知識を得、学習していくのですから(10年をかけて)

「火星への片道切符」は、何を基準に選ばれるのだろう・・・・・

生きるか死ぬかの瀬戸際にいつもいるのだから、その恐怖や危機感に耐えられること、

閉じ込められた狭い世界、小さな密室で暮らしても冷静でいられること、

閉所恐怖症ではないこと、

他人のイライラに染まらない人、

結局は、その人の「地」のようなことが基準になって選ばれるのでしょうね・・・

その人の持ち味のようなもの・・・どうでしょう・・・


地球にもう戻ってこない火星への旅立ち・・・

最高の冒険ですね~

冒険は誰もが夢見る憧れです。

歴史を紐解けば、そこは冒険の歴史であり、

その冒険によって今のこの世界があるのですよね。

火星への移住・・・夢がありますね。

人類は火星に定着出来るでしょうか・・・

この「火星への片道切符」で、移住の足掛かりを築いてほしいですね。

これは、ナショナルジオグラフィックチャンネルの「スタートーク」という番組で観ました。

スタートークと言ってもスターは出てきませんから、星は語る・・・でしょうね。

私は宇宙が大好きですから、欠かさずに観ていますよ。


今頃は、毎日飲むスムージーに庭のハーブを入れています。

パセリ、スープセロリ、ミント、スイートフェンネル、
e0288951_14574677.jpg

これだけ入れるのでかなりスパイシーなスムージーになります


クリックをお願いします




by gutsuri | 2016-04-29 20:00 | 宇宙 | Comments(0)