百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

百寿者と老年的超越

今年になって、ヘルパーさんが来て下さるのは週に3回の朝だけになり、

その他のことはすべて私がしています。

この生活になって3か月が過ぎたところです。

大変になったかというとそうでもなくて、

時間に囚われることなく、母の様子を見ながらいろいろなことが出来ますから、

穏やかな時間が過ぎていますよ。

母はいつも笑顔でいて、落ち着いていて、穏やかです。

不思議なくらいです。

母は、実は、以前はこのように穏やかなタイプではありませんでした。

自分の意見をしっかりと持っていて、それを主張するタイプだったのですが、

「ベッドが全世界」の生活になってからは、だんだんとそれを受け入れていき、

それは多分、3~4か月くらいかかったように思いますが

自分なりにベッドでの時間の過ごし方を見つけて、楽しくやっているようです。

毎日朝と夕方来て下さったヘルパーさん達のおかげもあったでしょうし、

リハビリや訪問入浴、マッサージや往診の先生など

皆さんがチームを組んで母を支えてくださった結果だと感謝しています。

この冬の間は母はぼんやりと過ごすこともありましたが、

それでも声をかけると「そうだね~」と言いながら私の方を向き、

笑顔を見せてくれます。


百寿者の研究で面白いものがあります。

百寿者の多くが「老年的超越」といわれる豊かな精神世界に生きているそうです。

多くの百寿者が、ありとあらゆることに幸せを感じているのだとか・・・

これは「多幸感」と言われ、百寿者によく見られる特徴だそうです。

自分のことを肯定的にとらえる感情や満足感が高まっていく・・・

高齢者というのは、肉体的、体力的には弱ってきて、

マイナスの事だけが起きてくるというネガティブなイメージがありますが、

そうではなくて、明るい側面もあるということですね。

いつまでも若さを追い求め若さを保つことを目標とする歳の取り方もありますけど、

自分の人生を肯定的にとらえ、今の自分に満足し満たされる・・・

自ずとそのような考え方になっていく・・・

百寿者の多くの方々が、そのように満たされて過ごしていらっしゃるそうです。


この記事を読んだ時に心から納得しましたよ。

百歳を過ぎた母が、まさに、その状態だったからです。

「有難いね~」 「嬉しいね~」 「良かったね~」 「感謝だね~」

ニコニコしながらこのように言いますよ。

今日も「これをどうぞ・・・」と言いながら、リンゴが入った小皿を私に向けようとします。

このような母を見ていて、ヘルパーさんが来る回数を減らして本当に良かったと実感しています。

毎日朝夕、時間を束縛されることなく、勝手気ままに一日を過ごせること・・・

この自由は何事にも代えられない有難いものですよね・・・


幸せの波長を発している百寿者には、幸せがやってきます。

同じ周波数のものは引き寄せ合いますから、

多幸感を感じている百寿者は、ますます満たされていくことになります。

そのプラスのスパイラルは、健康上にもきっと大きな良い影響を与えているかもしれませんね。

102歳の母は、メガネなしで新聞を読みますけど・・・・

ひょっとして、そのおかげ・・・などと、思ったりします・・・


シャクヤクの蕾が膨らんでいます
e0288951_1526065.jpg


e0288951_15261752.jpg

白いムスカリ
e0288951_15281654.jpg

ハチ2種 これはヒラタアブでした。
e0288951_15284417.jpg


e0288951_15285968.jpg


クリックをお願いします


1分くらいから始まります

by gutsuri | 2016-04-04 19:00 | 長寿 | Comments(0)