百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

全ての生き物はつながっている

お店でカリフラワーが目につくようになりました。

新鮮なカリフラワーが積み重ねてあります。

そういえば、カリフラワーは秋の野菜でしたね。

私は大の野菜食いなので、

サラダの食感に変化を付けるために、いろいろな野菜を入れています。

サラダにカリフラワーを入れると、カリフラワーの持つ噛み応えが感じられて、

秋の豊かさが口の中で広がります。


お店には、大根も人参も積み重ねてありますね~

私は、大根も人参も、洗うときにひと手間かけていますから、

どちらも皮付きのまま調理しています。

共に、皮など全く気になりません。

皮付きのままの調理で、美味しくいただいています。

大根はキノコ類と煮ることがありますが、皮が柔らかくなりどこが皮なのかわからない状態です。

人参は皮付きのまま、毎日スムージーに入れています。

火を通すと皮はとても柔らかくなりますよ~

皮をむく手間が省けて少し楽になります。


毎日のスムージーには、ホウレンソウと小松菜、両方を入れているのですが、

少しかじってみると、それぞれの個性がはっきりとわかりますよね。

ずっと以前に小松菜を育てようと思い、種をまいたことがあります。

双葉が出たと思ったらすぐに虫に食われてしまい、

それでは、鉢に種を撒けば大丈夫だろうと思い、鉢に種を撒いたのですが、

それでもやはり、すぐに虫に食われました・・・

何かの虫除けをしないと育てられないという事ですね。

一方、ホウレンソウは大丈夫らしいですよ・・・

こちらは育てた経験はありませんけど、

そのような感じで書いてあったのを見たことがあります。

ホウレンソウは虫除けになるような成分を、体内に含んでいるのだとか・・・

だから、虫が余り寄ってこない・・・虫の嗅覚は凄いですね・・・

かじってみると、小松菜のお味は素直で、ホウレンソウはえぐいような感じがしますよね。

どちらも捨てがたいので、毎日両方スムージーに入れています。

ホウレンソウは軽く茹でるとえぐみが少なくなりますが、

私は生のまま、スムージーに入れています。


植物って、虫に食われないために、いろいろと対策を練っているので、

植物って賢いなあ~とホントに感心してしまいますよね。

地球上の生物として、植物は虫の大先輩ですから、当然と言えば当然なのですが、

植物はどこで考えているのだろうと不思議です・・・

科学がこんなに進んでも、まだ、わからないことだらけなのだそうです。

先日聞いた話では、

大腸菌がどうして生きているかはいまだにわかっていないそうで、

生きた大腸菌、死んだ大腸菌の違いが解らないのだそうです。


私たちの身体は60兆の細胞から成り立っていて、

その細胞同士の間では、戦争は起きないそうです。

起きたら大変ですね・・・体内で戦争が起きたら大変です・・・

全ての生き物は、DNA で繋がっているそうですから、

やはり、根底は、環境問題に行きつくそうですよ。


全ての生き物は、DNAで繋がっている・・・

この言葉を思い出しながら、

今日も虫食いのバラの蕾を眺めています。

母なる大自然を尊ぶ心・・・

これが健康の基本なのだと思いだしながら・・・




by gutsuri | 2015-10-22 19:00 | 自然とのつながり | Comments(0)