自然体で健康

今日火曜日は、午後から往診があり、その後リハビリです。

往診は、第一火曜日と第三火曜日にありますから(リハビリは毎週です)

この第一火曜日と第三火曜日はちょっと忙しく、

扶美さんのお昼寝もままなりません。

いつも通りにという意味で・・・


先週の土曜日の私が留守中の扶美さんの様子を、

往診の時に先生にお話ししました。

先生はこのようにおっしゃいました。

「みんなが百歳を迎えることが出来るわけではありません。

扶美さんは生き方上手なのですよ~

力の抜き方を知っているのですよね。」

このように言われて、私も気が付いた次第です・・・

ボケて来た102歳が、たまにはわがままを言ってもいいのですよね・・・

いつもわがままを言っているのではありませんから・・・

扶美さんに余り求めないこと・・・

百歳まではそれなりにやってきましたし、

まあ・・こういう事もあってもいい・・・ということでしょう。

立派な扶美さんでなくてもいいのです。

自然体で生きていくのが、健康の源かもしれません・・・


今日の夕方のヘルパーさんの時にも、まだ眠いものだから、

「今日は着替えは必要ないです」などと言っていますよ・・・

ホント・・・エラそうに・・・

でも、パジャマに着替えました。

着替えたほうがいいとわかったのかもしれません。

いろいろですね。


今日、往診の先生から、顔の肌の色つやがいいこと、

足の皮膚がつるつるしていることなどを褒められました。

バイタルはいつの通りで問題なしです。

お世話してくださる皆さんのおかげで、健康を保つことができています。

感謝ですね~


咲いているバラを切り取って玄関に飾りました
e0288951_1935169.jpg

ホワイトセージに黒いアブラムシがいます。クモが狙っています。(左側)
e0288951_1954697.jpg




トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/23791262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2015-10-20 19:08 | 健康 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri