カキの殻

午後から1時間ほど、落ち葉を拾ったり草ぬきをしたり、庭で働きました。

気持ちが良いですね。

「母なる自然との繋がりを強く感じていれば、

私たちは必要なものが手に入り豊かさの中に住むことができる。

自然とはもともと豊かなのだから。」

このような言葉を目にしましたから、慌てて外に出て働きました~

きれいな黄色の落ち葉もたくさん、袋がすぐにいっぱいになりました。

そして、カキの殻を庭に少し置きました。

貝殻の中で土に戻るのは、カキの殻だけなのだと、

先日孫たちといったお寿司屋さんで聞きました。

アワビやホタテなど美しい貝殻はいろいろありますが、

カキ以外の貝殻は皆、外に置いて風雨にさらしても、いつまでたってもそのまま・・・

きれいな状態を保つそうです。

でも、カキの殻だけは、土に溶けて、だんだんと姿を消していくそうです・・・

そして、ムカデ除けになったり肥料としても役に立ったりで、

そのまま捨てるのはもったいない・・・

それで、新聞紙に包んでいただき、持って帰りました。


孫たちと出かけると、楽しいですね~

ホント、いつもとちょっと違う体験が出来ます・・・

不思議ですね~



トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/23788011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2015-10-19 19:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri