百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

いつもと同じで嬉しいですね

良いお天気ですね~

気分もいいですね。

扶美さんは今朝はいつも通り、御機嫌です。

御機嫌が普通なのですよ。

普通が有難いということですね。

朝は、笑顔でヘルパーさんと話をして、気分良さそうでした。

そのあと新聞を読んで、ウツラウツラ・・・

おせち料理の広告をちぎり取って大事にしまい、

「美味しそうでしょう?」と私に見せて自慢しています。

お昼ご飯を食べながら、のど自慢を見て笑ったり拍手をしたり・・・

いつもの時間が過ぎていきます・・・


昨日はいったい何だったんだ・・・と家族は首をかしげています・・・

扶美さんはまだしっかりしている部分があるので、

ちょっとおかしくなっているときも、自信たっぷりにおかしいのです。

自分で確信を持っておかしなことを話していますから、

こちらもすべて承知で対応しないと、

その迫力に押されて、たじろいでしまい、勢いに負けてしまいます。

でも、たとえ、ちょっとあちらの世界へ飛んでいる高齢者とはいえ、

暴言を吐かれては嫌ですからね・・・

これはどうにかして、もっと可愛い扶美さんに、変身してもらわねばなりませんね。

今まで2回ほど私にも変な時がありましたが、

そのような時には放っておきます。

すると眠ってしまうので、2時間くらいしていつも通りに話しかけると、

いつもの調子に戻っています。

クールダウンが必要だと感じています。


ヘルパーさんたちは、時間が限られていますから、そうも言ってられないので、

おかしくなっている人を相手に、仕事をしなくてはなりませんから、大変ですよね。

家族が申し訳ないと言っていましたが、本当にその通りで、

私も申し訳ないと感じています。


普通の日は、御機嫌に過ごすことができるのです。

だから、御機嫌な毎日をたくさん過ごそうと思っていますよ。

そして、しばらくは、そう少なくとも今月中は、

ヘルパーさんは、朝9時と夕方4時半に来られるので、

その間に「出かけて帰宅する」ことにします。

限られますけど、出かけないよりはましですからね。

扶美さんがヘルパーさんたちに馴染んで来たら、

扶美さんの態度も少しは違ってくるかもしれません・・・

私もヘルパーさんのお顔を覚えるのに一か月近くかかりました~

初めの週は一回の訪問に、二人とか三人で来られることもあり、

覚えるのに手間取りましたよ~


扶美さんは今でもまだ、「あれがヘルパーさん?」と私に聞くことがありますから、

いろいろな方が入れ代わり立ち代わり来られることに、まだ、慣れていないのです。

週に3回来られる方もいれば、週に一回しか来られない方もいますから、

覚えるのに時間がかかるかもしれません。

でもそのうち落ち着くのではないでしょうか・・・

そう願っています。


今日の夕日
e0288951_17191692.jpg


e0288951_17195754.jpg





by gutsuri | 2015-10-18 19:00 | 介護 | Comments(0)