百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー

心強い助っ人

9月からヘルパーさんが変わりました。

同年代という気安さもあってか、

気が付いたことは皆さんいろいろと話してくださいますから助かっています。

9月1日に来られた方からは、早速、紙オムツについてのご意見をいただきました。

それまではパンツ式の紙オムツを支給していただいていましたが、

扶美さんの場合は、テープ止めのほうが良いのではないか・・・・

ヘルパーさんたちはそのほうが仕事がやりやすいとのことで、

すぐに、紙オムツの業者に連絡しました。

配達は月初めの7日くらいだったので、まだ間に合うと思い、変更をお願いしたのです。

すると、紙おむつの変更は前月の20日までの受付になっているので、

「1日に変更を言われても対処できません・・・」とのこと・・・

そこを何とかお願いしますと言って、変更をお願いしました。

7日には、テープ止めの紙オムツが届きました。

良かった~  

ヘルパーさんたち、仕事がやりやすくなって・・・

また、20日を何日か過ぎてからは、お一人のヘルパーさんが、

「LLサイズの紙オムツでは大きすぎて、背中の方まで紙オムツが来るので、

背中のあたりがモゾモゾして気持ちが良くないでしょう、きっと。

Lサイズの紙オムツの方が良いのではないでしょうか、ね~

肌に当たる部分は、出来るだけ布のほうが心地よいですから・・・」

このようにおっしゃるので、言われてみればなるほどなと思い、すぐにまた電話しました。

すると、「前回伝えたように、変更は20日までの受付なので、変更は出来ません!」

このように言われました・・・

当方としては、ヘルパーさんたちが仕事しやすく、

扶美さんの使い勝手が良くと思っただけですが、

業者の期日に合わない時を狙ったように、変更を頼んでいたようです。

でも、求めていないものを配達されるのも困りますから、

ケアマネさんにこのことをお話しして、紙オムツ配達業者も10月から変更になりました。


気が付いたことを当然のように話して下さるヘルパーさんたちは、有難いですよ。

小さなことでも伝えてくださいますからね。

実際、私が知らないことを幾つか教えてくただきましたよ・・・

私も自分で気を付けるようにしていますが、

ヘルパーさんたちにお世話になっている部分は、

お聞きしてようやくわかることばかりなのです。


ヘルパーさんたちにお願いしていることの一つに、背中と腰のマッサージがあります。

マッサージと言っても、

「30秒くらいでいいですから、ボディークリームを付けて背中と腰を摩ってください」

このようなことですが、気持ちが良いらしく扶美さんは御機嫌ですよ。

一日2回のマッサージ・・・気持ちがいいことでしょう。

ヘルパーさんのお一人は、この春まで百歳の方のところへ通っていて、

そこでは、全身のマッサージをしていたそうです・・・

また、別の方は、我が家の後に、百一歳の方のところへ行かれるのだとか・・・

百寿者の介護の体験をお持ちなので、扶美さんのことを理解していただけます。

皆さん、自信に溢れていて、プロ意識を持っていて、

若い人には力ではおよばなくても、年の功という言葉を体現していらっしゃるように見えます。

心強い助っ人です~


明日は、月に一度の私の外出日。

そして、明後日は小学校が秋休みなので、孫たちがお泊りにやってきます。

ということで、3日続けてブログはお休みします。

まだ、終了したわけではありません・・・

イモーションブルーが咲きました。
e0288951_17112736.jpg

怪しげな夕空
e0288951_17121089.jpg




Commented by Julia Kerry at 2015-10-11 21:53 x
こんばんは~♪

やはりプロの方がプロとしての意見を言ってくださるのは
ありがたいですよね~
我が家も同じです.利用している所からのアドバイス.
こちらが気付かないことてありますからね.
これでいいのだ という思い込みもあったりして.
視点が違った意見は時には なるほど~ と思います.

ブログは終了と言わず,
不定期でも続けてくださいな.
gutsuriさんのブログからはエネルギーをいただけますから.

私も中断しましたが(それはそれで良かったです),
その時になって無理なく再開しましたよ.
Commented by gutsuri at 2015-10-15 21:13
Juliaさん、こんばんは。

いつもコメントありがとうございます。

Juliaさん、ブログの中断の時期があるのですか?
随分長く続けていらっしゃることは知っていましたけど、中断があることは知りませんでした。
何かの拍子に、以前のブログに飛んで、ワンちゃんが介護犬だと知って驚きましたよ。あのような小さな愛玩犬は、ただ、可愛いらしさで飼い主を元気づけるのだと思っていましたから、愛玩犬が介護犬の役割を果たしていることに驚きました。自分の役割をチャ~ンと知っているのですよね。
アルツハイマーだということもすべて理解の上でお母様に接しているワンちゃんに本当に感動しました。

私のブログですが、年内はお休みします。
で、その後のことはまだ決まっていないのですよ~
これから考えてみますね。

ブログは楽しんで書いていました~
そして、たくさんの方が見てくださって本当に嬉しいです。

高齢者と一緒に暮らし、そばで見ていると、「生きる」ということを教えてもらっている気がしますね。難しくないです。生きるとはただ単に生きること。その時その時の周囲を十分に味わって幸せを感じること。幸せとはその人が感じること。
母も時にはボケていますが、それがまた愛おしいと思います・・・
Commented by Julia Kerry at 2015-10-15 22:42 x
こんばんは~♪

> 高齢者と一緒に暮らし、そばで見ていると、「生きる」ということを教えてもらっている気がしますね。難しくないです。生きるとはただ単に生きること。その時その時の周囲を十分に味わって幸せを感じること。幸せとはその人が感じること。
母も時にはボケていますが、それがまた愛おしいと思います・・・ <

正しく私もそうなのですよ.
生きることは難しくないと.幸せとは自分が感じることだと.
だから重度のアルツハイマー病の母との生活は
苦ではなく,とても楽しいものです.
でもそれは母との介護生活から学んだことでした.

ブログは長いときは数ヶ月もお休みしました.
今回も足の怪我を理由にお休みしました.
でも興味深いのは,
今回お休みしようかなと漠然たる思いの時に怪我しました.
あ,そう,ブログも休めということね とお休みしましたよ.

ブログを書くことは母との生活の記録を残すことなのですが
時には忙しい中,ブログを書くことに追われる時があります.
楽しみというより義務的みたいな...
それがいやなのですね~ そうするとここでお休みしよう となります.

又戻ってきてくださいね.
とても楽しみなのです.
教えていただくこともいっぱいある,gutsuriさんのこのブログですから.
by gutsuri | 2015-10-11 19:00 | 介護 | Comments(3)