バラと虫の共存

バラの花は素敵ですよね。

見ていると、そのゴージャスさに心惹かれて、しばらくうっとりです。

そして、元気を貰って、パワー充電・・・そのような感じでしょうか。

また、香り高いものも多いですから、

バラの時期には、庭は香りの空間になり、自ずと波長も違っているでしょうね。

香りは強烈ではない分、余計に気になり、固有の香りにうっとりします。

虫たちが寄ってくるのがわかります。

以前から、バラに消毒はしなかったのですが、ボカシ肥はたっぷり与えていました。

4年前からはそのボカシ肥もやめて、無農薬無肥料でバラを育てています。

バラの数は40本程度なので、

4月と5月にちょっと頑張って虫対策をしています。

アブラムシを水で飛ばしたり、虫取り網でチュウレンジハバチを捕まえたり、

まあ、いたちごっこですけど、しないよりは増しかなと思ってしています。

一人で管理していますが、目が行き届く範囲のバラ数ですよ。

草食昆虫であるバラの害虫をやっつけていると、

バラに興味がない草食昆虫がいることがわかるのです。


そして、虫は突然大きな虫が現れるのではありません。

卵から赤ちゃんになり、子供になり、そして成虫です。

生き物は何でもそうですが、赤ちゃんは可愛いですよね。

大カマキリを見ると怖いくらいですが、

カマキリの赤ちゃんはヨタヨタ歩いて可愛い・・・

庭の片隅で、卵、赤ちゃん、子供、成虫と育っていく虫たちの様子を観察していると、

何故か、応援したくなってくるのです。


バラの害虫退治をしていると、いろいろな虫がいることがわかります。

気持ちが悪いと思いながらも、

その生きていく様子が力強くて逞しくて、

しかも弱肉強食の世界ですからね・・・

草食昆虫と肉食昆虫の世界です。

食べたり食べられたりの世界で、生きている虫たち。

では、肉食昆虫が強いかというと、上には上がいますから、

安全な虫はいないのです。


バラの虫退治をしながら、虫を観察していると、

毎年のように庭に姿を見せてくれる彼らに、愛着がわいてきました。

バラの虫退治から始まった、自称虫愛好家です。(ヘナチョコです、まだ)


食べたり食べられたりの食物連鎖に気が付くと、

バラの花にたくさんいるハナグモの存在が有難く思えてきます。

我が家はハダニがいませんが、

多分、ハダニが生きにくい世界が、上手い具合に出来上がっているのだと思われます。

クモやハチ、アリなど普段気にも留めない虫たちが、益虫なのですよね。

そして、いつの間にか、乳酸菌を土台とした食物連鎖が出来上がっていました。


キアゲハがやって来て、次から次へ卵を産み付け、幼虫が育っていく庭・・・

そして、この生命が育まれる場所があることが、

扶美さんの健康にも一役買っていると思われるのです。

私の勝手な思い込みかもしれませんけど、

命が育つ場所は、エネルギーに満ちていると思っています。


バラから虫へ・・興味が移った・・・と言っても、

来年のバラの開花に向けて、あれこれ頭の中は回っていますよ。

バラも虫も・・・などと欲張っています。


が、今日もまた、虫食われのバラの蕾を見ては、がっかりしているのも事実です。

バラと虫の共存はいいことばかりではありませんが、

目に見えない何か素晴らしいことがあるのではないか・・・と思えてなりません。

その何かはよくわからないのですが、

扶美さんの長寿は、その恩恵を受けていることでしょうね。


この幼虫は、フェンネルの葉より実のほうが好きなようです。
e0288951_17195669.jpg

こちらはフェンネルの葉を食べています。もう一匹は冒険の旅に出たようです。
e0288951_1721875.jpg

イングリッシュヘリティッジ
e0288951_17214412.jpg

イモーションブルー
e0288951_17222099.jpg




トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/23759436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by blaise-photo at 2015-10-10 21:29
こんばんは。
ブログは拝見していますが、コメントを残すことができず
大変ご無沙汰しています。

本日 何日分かのブログを拝見して驚きました!!
今月でブログを終了されるのですね・・・。
とても残念だなという思いがこみ上げてきました。
11月以降も時々更新されることを期待していますね。
Commented by gutsuri at 2015-10-11 19:25
blaiseさん、こんばんは。

お久しぶりです。
お忙しいのでしょうね。コメント、ありがとうございます。

そうなんですよ~
今月でブログを終了しようと考えています。

ご存じのように「百歳まであと少し」というタイトルで始めたブログですけどね・・・書いているうちに、私が変わってきたのです。
介護についても、バラについても、スピリチュアルについても・・・

ということで、少し間を開けたいなと感じているところです。
そして、自分の中にも、間を開けたいなと思っています。
時間的にも、スペース的にも・・・ですね・・・

先のことはわからないので、何とも言えないのですが、パソコンから少し離れて、自然と仲良くするのもアリですよね。
と言っても、情報源は今やネットですから、離れると言っても完全には離れられませんけどね・・・

扶美さんが健康で元気なので、助かっていますよ~
3年計画なんて勝手なことを言いましたが、威勢がいいので、その時にはそう感じました・・・どうなることやら・・・
by gutsuri | 2015-10-10 21:32 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri