百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー

こぼしても自分で食べる

今日は涼しかったですね。

10月に入って、気持ちの良いお天気が続き、

外にいると気分が良くて、家の中にいるのがもったいないと思うくらいです。

いそいそと庭の片づけをしています。

夏の暑い日、パセリのキアゲハの幼虫の写真を撮るのに夢中になって、

レンガで作ったキッチンガーデン(畳一畳ほどの)を踏み倒してそのままでした。

レンガを元通りに立て直して修理完了です。

踏むとまた、すぐに崩れるけれど、まあ、これでいいか・・・です。

土木作業は力仕事ですからね。

以前はまったく苦にもなりませんでした・・・

力の要る土木作業・・・大好きでした・・・

でも、最近は出来る事ならご遠慮したい・・・です・・・

レンガを踏み倒さないように気を付けます。

そこに、ルッコラとパセリの種をまきました。

パセリの株はすべて茎だけ残っています。

が、茎だけ残っていても、結局は枯れてしまうのですよ。

植物は葉っぱで栄養を作っているのですからね。

今回は、人間の口に入るパセリを作ります~

秋蒔きでは、大きく育ちませんが、ないよりはいいでしょう・・・


このところ、母は食事のときのこぼす量が増えました。

ようすを見ていると、自分で考えているように、手が動いていないように見えます。

動かしているのだけれど、思うようには動いていない・・・

お箸でつまんだと思っても、口にたどり着くまでに落ちてしまう・・・

そして、こぼしたことに気が付いていない時もありますね。

私たちは、手を動かすと同時に無意識に身体も少しずらしたりして口に運びます。

スムーズに、それが自然にできますよね。

扶美さんは、身体の動きも、調整が利かない・・・

でも、自分で好きなように食べていますから、

食後は満足して笑顔ですよ。

スプーンを添えることもありますが、お箸が好きなようです。

こぼしても・・・です。

自分で好きなように食べることができる・・・これって幸せなことですよね。

洗濯物は増えますが・・・


クリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2015-10-05 19:00 | 介護 | Comments(0)