キアゲハの幼虫たち、お引越し

気持ちの良いお天気に誘われて、午後から庭で一仕事・・・

夏の間、放ったらかしだったので、何から手を付けたらいいのか・・・迷いますね・・・

そして、一昨日の台風で、倒れているものがあったり、

塩害でやられたものがあったり、落ち葉もたくさんでした。

キアゲハの幼虫は、3匹ほどまだ黒くて小さいのがいました。

でも、パセリは食べつくして、全く残っていません。

どうしたかなあと見ると、そばのスープセロリに、3匹とも移動していました。

スープセロリも残っているのは太い茎だけです。

それでも、細い茎を探して、それにしがみついていましたね~
e0288951_16414415.jpg

別の場所で、フェンネルが新しく芽をだして、柔らかい葉がたくさん伸びていました。

それで、3匹をそちらに移動させることにしたのですよ。

幼虫は、触ったり刺激を与えると良くないそうなので、

スープセロリの茎を切り取って、それをフェンネルの葉の間に挟みました。
e0288951_16481015.jpg


e0288951_16482824.jpg

しばらくは、セロリの茎から離れず、フェンネルを食べる様子はありませんでした。

環境が変わったことに気が付いて、驚いて警戒しているのでしょう。

2~3時間後にようすを見ると、フェンネルの葉を勢いよく齧っていて一安心。

引っ越しは上手くいったようです。

3匹の幼虫は、食べきれないほどのフェンネルに囲まれています・・・

ハラビロカマキリは、青いブッドレアに陣取って、

ブッドレアの花にやって来る昆虫たちを狙っています。

隠れるのがうまいので、
e0288951_17483166.jpg

そこにいると知っている私でも、見つけるのに時間がかかります。
e0288951_17484818.jpg

ブッドレアは、虫を引き付けるようですね。

やって来るのは蝶々だけではありません。

いろいろな種類の小さなハチが匂いに誘われて集まります。

ハナグモも待ち伏せしていますよ~

草ぬきをしていると、虹色に輝いているニホントカゲがチョロチョロしていました。

余り大きくないので、まだ子供のニホントカゲです。

動きが早いので、写真を撮る暇はありません。

ニホントカゲは庭に棲んでいます。

チョロチョロしている姿をよく見かけますが、写真を撮るのは難しいのですよ。

これは、2年前、偶然にも写真に撮れました。
e0288951_1851479.jpg

この個体は虹色に輝いていませんが、光の当たり具合では七色に輝いています。

あれだけたくさん棲んでいた大カマキリ、今年はいったいどうしたのでしょう・・・

来春、キリギリスの赤ちゃんは、姿を現してくれるのでしょうか・・・

棲んでいる虫たちがだんだんと変わり、庭も変わってていくのでしょうか・・・

イチジクが色づいています。
e0288951_18562971.jpg

イングリッシュヘリティッジ
e0288951_18565123.jpg


クリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/23737049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2015-10-03 19:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri