百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

スライディングシートというものがあるそうです

以前の若いヘルパーさんは、体格の良い方でしたから、

力の要ることを頼むことが出来ました。

扶美さんは、ベッドで24時間過ごしていると、

だんだんと足元のほうに腰がずれて行き、

腰とベッドの背あての間に空間が出来ます。

姿勢が悪く、落ち着きも悪く、見るからに苦しそうで、

腰を元の位置、ベッドの背あての部分に近づけたいのですが、

なにせ扶美さんは3Lの体格です。

今は大分痩せてきましたけど、それでも衣類は2L、たまにシングルLです。

若いヘルパーさんには、扶美さんをベッドの上の方に移動することを頼むことが出来ました。

でも、9月からのヘルパーさんは、皆さん私と同年輩ですからね・・・

力仕事をお願いするわけにはいきません・・・

必要な時には、私と一緒に、力を合わせて、扶美さんを上の方に移動させています。

掛け声をかけて、心を一つにして、セーノー・・・

昨日、介護のブロ友さんを訪問して、スライディングシートなるものを知りました。

早速ネットでチェック、良さそうなので購入しました。

だって、腰を痛めると大変なことになりますからね。

ヘルパーさん頼みの介護をしていますが、

それでも知らないうちに、

不自然な力を入れたり、ちょっと無理な姿勢を取っていたりします。

ヘルパーさんたちがしているように、

話をしながら、扶美さんをリラックスさせて、

扶美さんが自分から身体を動かすようにもっていくのを見ていると、

さすがにプロだと感心します。

ああ、私は「待ちの姿勢」が足らないのだなあ・・といつも気が付くのです。

家族だと、その気安さゆえについ甘えてしまいますよね~

介護エプロンでスライディングシートの代用が効くと書いてありましたから、

早速トライしてみましたよ。

楽に移動できました~

エプロンでこのくらい楽なのですから、スライディングシートはどんなに楽かしら・・・

今から届くのが楽しみです。

夕方、雲が茜色に染まっていました。
e0288951_18544292.jpg


e0288951_1855456.jpg


e0288951_18552140.jpg



クリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-10-02 19:00 | 介護用品 | Comments(0)