ハヤシノウマオイ

秋の日は釣瓶落とし・・・

日が暮れるのが早くなりました。

そして、今日は薄手のセーターを着ています。

季節の巡りが速くて、身体が付いていくのが大変ですね。

一昨日、遅い夕方、薄暗くなった部屋に入ると、何かが飛んできてくっつきました~

払い落として、明かりをつけると・・・

そこには、見慣れた顔がありましたよ~
e0288951_17575995.jpg

私は、これはてっきり、キリギリスだと思いました。

キリギリスは、ちょっと間の抜けた親しみやすい顔をしているからです。
e0288951_17592467.jpg

でも、キリギリスにしては、線が細すぎます。

キリギリスは、もう少し堂々として大きく、がっしりとしているのですよ。

そして、背中に茶色の線が一本入っています。

今日は時間があったので、いろいろと調べましたが、よくわかりません・・・

調べた中で一番近いのが、ハヤシノウマオイでした。

この写真で見ると、これは、明らかにキリギリス科ですよね~

とすると、キリギリスかウマオイかクツワムシくらいしかないのです・・・

バッタ科には見えません・・・一応、全部チェックしましたけど・・・

自称虫愛好家などと言っていますが、

素手で捕まえるほど根性はありません・・まだ・・・・・

クイックルワイパーの紙が目についたので、それにくるんで捕まえ、

(かなり逃げ回りましたよ~)
e0288951_18147100.jpg

庭に放しました。

何かが飛んできて、首のあたりにとまった時には、

本当に驚いて、かなり強い力で振り払ったのですが、

元気でしたよ・・・ケガもしていないようで・・・・良かったです。

8月は中旬を過ぎてから雨が多かったですし、

9月も例年と異なるお天気のようですね。

ちょっとした異変の中でもそれなりにたくましく生きている虫たちです。

虫の姿を見ることがないのは、私が外に出ないからだと思います。

雑草が伸びてきて、見るに堪えなくなってきました。

一つ草ぬきでも始めますかね~

木蓮です。3月、6月、8月と咲くのです。
e0288951_18331191.jpg

春以降伸びた新しい枝に、6月と8月に花を付けます。少しですけどね。
e0288951_1833275.jpg

フリュイテ(ドイツ語で果物だそうです)
e0288951_18361737.jpg


クリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/23685140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2015-09-17 18:50 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri