百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

蛹たちは元気なのかわかりませんね・・・

涼しくて過ごしやすい日が続いています。

今は夏休みなんですよね~

でも、汗が出ませんね・・・

このような夏休みもあるんですね。


昨日、パセリにいるキアゲハの小さな幼虫たちを見に行って唖然としました・・・

アシナガバチがパセリにいて、歩き回っていました。

アシナガバチは益虫なのですよ、バラ育てをしている人にとってはですけどね。

イモムシを団子にして食べてくれます。

ひょっとしたら・・・ひょっとしたら・・・

まあ、しかたありませんね・・・

先ほどパセリを見にいくと、見ることが出来た幼虫は1匹でした。

隠れているかもしれないのではっきりとは分かりません。

食べたり食べられたりの中でくらしている厳しい現実です。


一方、蛹たちの方はというと、

ミント君は相変わらずきれいな黄緑色です。

色が黄緑色できれいなので、生きていると思われます。

フェンネル君は、茶色のままで、変化ありません。

多分これから変化していくのではないでしょうか・・・生きているでしょう・・・多分・・・

メドーセージの1匹は、蛹の半分が茶色がかってきました。

別のメドーセージ君は、半分が黒っぽくなりました。

蛹になりかけの時はそっとしておかなくてはならなかったのですが、

メドーセージが伸びて伸びて、倒れたらいけないと思い、

切ったり縛ったりしました・・・蛹に注意してしましたけど・・・

よくわからないのでそのままにしてあります・・・元気なのかもしれません・・・

全くわかりません。


蛹と羽化は初めてのことで、

迷いながら、調べながらの手探り状態・・・

いろいろと調べているのですが、どうなのでしょうか・・・

見守るだけですね~ 出来ることは・・・


生命の神秘を体験しつつ、ハラハラしながらの日々ですが、

生き物の世界の厳しい現実も見えてきます。

たくさんの卵を産むのは、そのためなのですね。


涼しいので張り切って伸びた枝を切ったり草ぬきをしたり・・・

はかどります。

秋の気配ですね。

今はダイアモンド富士の時期なのです。

でも、このお天気では、富士山が見えません・・・

勿論、太陽も見えません・・・厚い雲が空を覆っています。

今宵は満月ですけど、お月さまは見えるでしょうか・・・


今日のハラビロ君
e0288951_18552376.jpg


e0288951_1855507.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-30 19:07 | 庭の虫たち | Comments(0)