百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

自分の思考は自分で選ぶ

何日か前のことです。

いつものように「今日の新聞よ~」と言いながら、母に新聞を手渡しました。

すると、一面の大きな見出しを見てから、困惑の表情を見せながら、

私の方に新聞を押しやります。

今日は新聞は読みたくないと顔が語っています。

私も一瞬迷ったのですよ・・・新聞を手渡す前にですが・・・

今日は新聞はお休みにしようかな・・・と・・・


中学生の痛ましい事件が連日報道されていて、

その日の新聞の一面は、犯人逮捕か・・・のような文調で書かれていて、

その新聞はまるで、この事件一色の感じがしましたからね。

扶美さんは、新聞に挿んであるチラシを取り出すこともありませんでした。

ベッドのテーブルにある雑誌を取り上げて、

その中に挿んであったチラシをまた広げたりしながら、

美味しそうなものを見ていました・・・


それで、気が付いたのですよ・・・

扶美さんは、そういうことが自然に身についているのかもしれないと・・・

明らかに、自分のエネルギーを落とすようなこと、

知ると元気がなくなるようなこと、

自分の力ではとても及ばないと思えることには関わり合いを持たない、

自分が持っている力がどのくらいなのか、何となくわかっている、

自分の衰えを感じているということでしょう。


以前に、従軍慰安婦について、新聞で連日報道されているときがありました。

余りにセンセーショナルに一面に書かれているときには、

「今日は新聞お休みよ~」で済ませたことが何回かあります。

これを読むと、嫌な気持ちになるだろうな・・・と思えることは、

私が適当に対処しています。


百歳を過ぎているのだから、もういいのではないかしら・・・

楽しいことを思って、明るい気持ちになって、日々を過ごしてね、

と、このように考えていますが、

意外なことに、扶美さんは自分でそれが出来ていたのです~

選んでいたのですね。

自分が目にするものを選ぶ・・・

案外、これって、長生きの秘訣かもしれない・・・

その時に、そう感じました。

意識してではなくて、感覚的にそうしている・・・

そのようにしたい・・・

これではなくてあれ・・・

そこが、わかっているのかもしれませんね。

最近の発見でした。


イモーションブルー
e0288951_16401883.jpg

シャンタルメリュー
e0288951_16412587.jpg

ブッドレアになにかいますね
e0288951_16415526.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-25 18:53 | 長寿 | Comments(0)