血液検査が語っていること

今日の往診の時に、

前回(2週間前ですね)採取した血液の検査報告をしていただきました。

「素晴らしいですよ~ この血液検査の結果は、百歳を超えている人とは思えません。

健康体です。この調子でいきましょう。」

力強い先生のお言葉を頂戴しました。


ほとんどの検査項目の数値が、基準値の範囲内でした。

が、5項目だけ、基準値から外れたものがあります。

低かったり、高かったりしていますね。

5項目のうち、数字がほんの少しだけはみ出しているものが3つ、

驚くほど大きく離れているものが2つありました・・・

この2つの数値が示していることに、これから注意していけばいいのですね。

大まかな指針として受け止めておいて、

日々の暮らしの中で気を付けていくことにしましょう。


先生の説明によれば、

基準値というのは、若くて健康体の人が基準となっている数値ですから、

それと単純に比較するのも無理な話だそうです。

百年動いている心臓が送り出している血液です・・・

ネットで調べると、おおまかな年齢別に、基準値が書かれているサイトもありました。

後期高齢者が75歳ですから、これも年齢に差がありますよね・・・

健康な若者と比べた場合、扶美さんは健康な血液とは言えませんが、

百寿者の血液としては、元気な血液であると言えるのでしょう。


扶美さんは、このところ少し元気がなかったのです。

食欲が旺盛だったので、心配はしませんでしたが、

言葉少なくなり、昼寝の時間が長くなり・・・で、夏の疲れなのかしら・・・

そういえば、私も身体がだるく感じたり・・・

今年の暑さは体力勝負のところがあります。

少しづつ秋の気配が漂ってきて、

身体も少しはホッとしていることでしょう。


午後、血液検査のことを調べていると、

介護関連のサイトにたくさん飛びました。

私も介護を始めた当初は、

扶美さんの人間としての尊厳は守りたい・・・そう思っていました。

勿論今もそうです。

生きている喜び・・・

心躍る楽しさ・・・

美味しいものを口にする満足感・・・


せっかく生きているのですから、それを感じて暮らしていきたいですね。

老いも若きも・・・



レディーオブシャーロット
e0288951_192671.jpg

ローゼンドロフシュパリスホープ
e0288951_1915090.jpg



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/23575575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2015-08-18 19:07 | 健康 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri