百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

虫の食性は限られるそうです

アゲハチョウの幼虫の食性は、はっきりとしています。

アゲハチョウの種類によって、幼虫の食べるものが異なりますが、

キアゲハの幼虫の場合は、

パセリ、セロリ、ニンジンの葉、フェンネルなどセリ科の植物に限られるそうで、

もし、これらの葉っぱが足らないようであれば、

生のにんじんを薄くスライスしてあげると食べ、オレンジ色の糞をするのだとか・・・

生のにんじんは幼虫に安全だという話を知って、安心しました。

人参は土の中で育ちます。

農薬の心配は少ないでしょう・・・


ナミアゲハやカラスアゲハは、山椒の木やミカンなどかんきつ類の木が好きなようですね。

アゲハの幼虫のみならず、ほとんどの昆虫は、食べ物が決まっていますよね~

食性は限られているのです。

今年は新しい食べ物に挑戦してみようなどと、虫たちはあまり考えていないようで、

バラの害虫は、徹底してバラの害虫であり続けます~

虫の食性が限られていることは、生物多様性に結びつくと聞きました。

たくさんの種類の虫が生きていくためには、

そして、その土地で共存して生きていくためには、

食性を限ったほうが、生存しやすいのだそうです。

他の虫の食べものを奪わない・・・

他の虫の生活圏を脅かさないのですね。

仲良く生きていきましょうという気持ちを表しているのでしょう。

昆虫の歴史が非常に長く続いているのも、

ひょっとすると、ここらへんにヒントがあるのではないでしょうか・・・

同じアゲハでも、種類によって、こんなに食べ物が違います。

同様にハチと言っても、ハチの種類によって、食べものが随分と異なります。


庭にキアゲハの幼虫が急にたくさん現れて、

慌てふためいて、いろいろと調べていると、

いろいろなことがわかって、安心したり、驚いたりしています。

大の虫嫌いだった私は、

本当のところ、何も知らないのですよ~

今朝は、パセリに12匹のキアゲハの幼虫を見つけました。

そして、鳥の糞のような黒くて小さなものも見えますから、

ひょっとすると、それもキアゲハの幼虫なのかもしれません。

まだ、増える可能性ありですね・・・

スープセロリにいた大きな2匹は、動かなくなりました。

冒険の旅に出かける準備をしているのでしょう・・・


大人になるためのイニシエーションが必要なのは、どこの世界でも同じですね。

無事に大人になり、自由に舞い、羽ばたいてほしいです~


昨夜、NHKで懐かしの歌が流れていました。

上を向いて歩こう・・・が聞こえてきました・・・

扶美さんを見ると、懐かしそうな表情で、

全身を耳にして、聴いていましたよ。

歌っていたのは、坂本九ではありませんでしたけど・・・

このような番組は、高齢者がいる家庭では有難いですね。

ひと時のタイムスリップでした~


キアゲハの幼虫ばかりに目が行っていましたが、気が付けばバラもチラホラ・・・

ロココ
e0288951_1622767.jpg

ペッシュボンボン
e0288951_163078.jpg

モナリザの微笑み
e0288951_1633140.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-09 18:46 | 庭の虫たち | Comments(0)