健康の定義

WHO(世界保健機関)による健康の定義です。

日本WHO協会のページより

健康の定義について WHO憲章では、その前文の中で「健康」について、
次のように定義しています。

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、
そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)

この憲章の健康定義について、1998年にスピリチュアルという言葉を入れる提案が
なされたことがあるのをご存知でしょうか。

この提案は、WHO執行理事会で総会提案とすることが賛成22反対0棄権8で採択され、
そのことが大きく報道されました。そのため、健康定義は改正されたと誤解している人も
多いのですが、その後のWHO総会では、現行の健康定義は適切に機能しており審議の
緊急性が他案件に比べて低いなどの理由で、審議入りしないまま採択も見送りとなり、
そのままとなっています。


「健康とは、病気ではないということではなくて、

肉体的にも、精神的にも、霊的(スピリチュアル的)にも、社会的にも、

全てが満たされた状態であることを言う。」

以前に、何かの本を読んだときに、

WHOの健康の定義にもスピリチュアルという言葉が入っているくらいだから・・・

と書かれていました。

今日チェックしたところ

スピリチュアルという言葉を入れるという提案は採択されたけれども

その提案は保留になっているということを知りました。

考えようによれば、WHOにおいても、スピリチュアルという言葉が審議されるほど、

スピリチュアルという言葉は、世界で認められつつあるのですね。

しかも、賛成22、反対0、棄権8で採択されたのですから(1998年)凄いことです。

スピリチュアルというちょっと怪しげな響きのある言葉を、

科学の世界が、少しづつ紐解いてくれている・・・

古代から言い伝えられてきたスピリチュアルの数々、

長い年月を超えて、現代まで届いているのですから、

そこには、先人の知恵がたくさんつまっているのでしょうね。

スピリチュアルに興味を持っていますから、

WHO憲章の前文の健康の定義に、

スピリチュアルという言葉を入れるか入れないかと審議されたということだけで、

嬉しくなってきます~


黒点に弱いオールトローズやイングリッシュローズのつるバラを4本を取り除きました。
その代わりに昨年暮れ、仲間入りしたポンポネッラです
e0288951_19273248.jpg


e0288951_19321722.jpg

ブッドレアにハナグモ
e0288951_1932396.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/23284669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by メエ子 at 2015-06-18 17:33 x
gutsuriさんこんにちは

そうそう、WHOで採択されてたってすごいですよね!
私もスピリチュアルなことに興味があり(特にバシャール♪)
バシャールが言ってたように、地球上でスピリチュアルなことへの理解が加速されているんだなぁと思いました。

介護をしてても肉体と魂の両方のケアが必要ですものね~
Commented by gutsuri at 2015-06-18 18:15
メエ子さん、こんばんは。

最近感じているのですが、生きるとはスピリチュアルなこと。
生きること自体が非常にスピリチュアルな体験ですよね。
スピリチュアルは当たり前のことなのです。
見えないだけで・・・
忙しい日々、そして楽しさや美味しさや便利さに囲まれていれば、昔の人が感じていた自然との結びつきは薄くなってきて、
私たちの感覚は少し鈍っているのかもしれないですね~

メエ子さん、バシャールが好きだって?彼、楽しいわよね~
私も好きですよ。
by gutsuri | 2015-06-17 19:35 | スピリチュアル | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri