百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バッタの仲間がたくさんいますよ~

今日は午前中に1時間ほど草取りをしました。

雑草が気になっていましたが、暑かったり、雨が降ったり、いろいろで、

つい後回しになっていたのです。

のんびりと1時間だけの草取りですけど、

少しはきれいになって気持ちが良いです~

1センチにも満たない小さなバッタの幼虫があちらこちらで飛び跳ねていました。

茶色のショウリョウバッタの幼虫は少し前から気が付いていましたが、

今日は緑色のオンブバッタの幼虫もピョンピョン元気よく飛び跳ねていましたよ。

おかげで、シソの葉はかなり虫食いです。

肉食昆虫の活躍は7月に入ってからですからね。

今年は何匹のカマキリが棲みつくことでしょう・・・

昨年のように数匹のカマキリが棲み分けてくれれば、

草食昆虫の食害もきっと少なくて済むでしょうけど・・・

今、庭のそこここで見かけるこの幼虫は、コバネイナゴだそうです。
(コバネイナゴではなくて、ミカドフキバッタでした。訂正します。)
e0288951_17545743.jpg

稲を食害する嫌われ者ですが、つくだ煮として人間の食用にもなるそうです。

何匹いるのかわからないくらい、あちらこちらにいます。

人の気配を感じると、隠れたり飛んで行ったりします。

私の知る限り、この周辺で稲作をしている人はいませんから、

しばらく放っておきます。

昆虫の食性ははっきりとしていて、

コバネイナゴはイネ科のものしか食べないそうですよ。

ツチイナゴはコルジリネが好きですから、

コバネイナゴもコルジリネの固い葉を齧るかもしれません。

夏になれば、虫はみんな食物連鎖に組み込まれますからね。

一定の数で落ち着くことでしょう。

追記
ミカドフキバッタも一般的には害虫らしく、植物の葉をいろいろと食べるそうです。
我が家ではミントの葉を食べることが多いです。


パパメイアン2番花
e0288951_18123060.jpg

イモーションブルーとマリアカラス
e0288951_18131735.jpg

ペッシュボンボン2番花
e0288951_18135027.jpg



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-08 19:16 | 庭の虫たち | Comments(0)