百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

戦争の役割・・・平和の有難さ・・・

昨夜、扶美さんが寝た後しばらくして、

咳き込むような声が聞えてきました。

寒いのかなあ~、もう一枚薄いものでもかけようかしらと思って部屋に入りました。

「寒い?」と聞くと

「寒いことはないよ。今ね、おむすびをたくさん握っていたのよ。みんなの分を・・・

でも、配給がないから大変なのよ~」

夢の中では、どうも戦時中のようです。

扶美さんの一生で、インパクトがあるのは、やはり、戦時中なのでしょうか・・・

多くの人にとってもそうかもしれませんね。

普通の神経では、考えられないような状況なのでしょう・・・

私の想像を超えたことばかりで、本当に、想像すらできません。

生き延びるということを常に考えて、それ以外のことは除外する・・・

70年も前のことなのに、いまだに夢の中に現れるのですから、

骨身にしみているのでしょう。

食べ物がないことを・・


「あの子たちはちゃんと食べているかしら・・・」

ひ孫たちの写真を見ながらこのように言っています。

戦時中は、子供たちは皆空腹を抱えていたのでしょうね。


戦争なんてとんでもありません。

みんなもう、わかっています。

知っています。

戦争をしてはならないと知っています。

youtubeでエイブラハムが語っていましたね。

戦争の役割とは何かと・・・

それは、平和の有難さをわからせるためだと言っていたように思います。

私たちはすでに知っています。

平和の有難さを十分に知っています。

戦争が起きて苦労して、それでようやく平和の有難さがわかるほど鈍くはありません。

平和ボケなどしていないのです。

食はファッションではないと知っています。

身体に良いものを食べています。

感謝して食べています。

美味しいものを食べるのは特別な日です。

平和ボケはしていません。

制限は、外から強制されるものではなくて、自分でするものだと知っています。

平和に甘えることなく暮らしています。

だから、平和の有難さを教えると言われている「戦争」など、

今の私たちには、まったく、縁遠いものです。

無縁のものです。

戦争など遥か彼方にあり、その姿も見えません。

見ることもありません。

消えてなくなってください!



ニュードーンが優しい香りを放っています
e0288951_1129235.jpg

ルリヤナギ
e0288951_11301267.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-05 19:00 | スピリチュアル | Comments(0)