向き不向き・・・ナチュラルガーデンに・・・

我が家のキッチンガーデンはいつも決まったものだけ・・・

スープセロリ、ルッコラ、パセリ、ディル、フェンネル、バジル、ヤマミツバ、

今年はシソやフダンソウも加わり、一段と賑やか・・・

そしていろいろなハーブ類がバラの間に植えてあり、

いずれも虫と共存できるものばかりです。


先月大船フラワーセンターに行ったときに、水菜の小さな苗が目に入りました。

美味しそうなみずみずしい水菜が頭に浮かんでつい2株買いました。

順調に育ち葉が伸びて来て少しづつ収穫が出来そうだと楽しみにしていたところ、

黒い青虫のようなものがたくさんついていたので、捕りました。

初めて見る虫です・・・庭ではあまり見かけない虫でした。

その後、その黒い青虫がまたいたので、もう一度水菜の虫捕りをしましたが、

今朝その黒い虫がルッコラについているのに気が付き、

結局、水菜は二株とも引き抜きました。

水菜を育てるのは大変なのですね。

虫が付きやすい葉物野菜のようです。


調べると、水菜は水栽培で簡単に育てられるとあります。

虫がたくさんいる外で栽培することはないですね。

そういえば、スーパーの水菜も、水栽培のような感じを受けますし・・・

私は葉物野菜が大好きで、毎日たくさん食べていますから、

葉物野菜に付く虫の気持ちはわかるのですが、

自分で育てるとなると、やはり、手のかからない葉物野菜が良いですね~

ヤマミツバなど香りの強烈なものは虫が付かないですね。


無農薬でバラ育てをしていますから、

バラとバラの間、ほんの少しのスペースに

バジル、タイム、セントジョーンズワートなどが植えてあります。

ホワイトセージなど思いがけず大きくなりバラを押しやるほどです。

バジルは夏になればバッタに食われますが、私が食べるには十分です。

無農薬で育つもの・・・

手がかからないもの・・・

この地に合っているもの・・・

虫とほどほどに付き合えるもの・・・

この条件に合っているものが今植えてあります。

パセリが育ってきて、窮屈そう・・・

食べてやらなければ・・・

ヤマミツバも混み合ってきているよう・・・



チャールズレニーマッキントッシュ
e0288951_19335426.jpg

こぼれ種からオルレアがたくさん
e0288951_19373080.jpg

クマンバチがニュードーンの中で転げまわっています
e0288951_19383790.jpg

アルバセミプレナが終わりそうです。
e0288951_19442724.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/23160125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2015-05-25 19:45 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri