百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

美味しいと言うほどのものではない・・・

扶美さんの朝食は果物です。

朝、生姜湯を飲んでしばらくしたところで、果物を摘まんでいます。

イチゴが続きましたから、何か目新しいものをと思い、

パイナップルにしたり、サクランボにしたり・・・

じきに夏の果物が出て来ますが、今は丁度端境期のような感じでしょうか、

サクランボにはあまり馴染みがない扶美さんですが、その感想は、

「美味しいというほどのものではないね~」

前回ダークチェリーの時には甘くて美味しいと言っていたのですよ・・・

食べ物に対しては、決して贅沢ではない扶美さんですが、

百歳を超えたころから、正直になりました~

まるで子供の様に、感じたことをそのまま言いますからね・・・

扶美さんの精神衛生上、これは良いことだと思っていますから、

これはこれでいいのですけど・・・

非常にわかりやすいですしね。

パイナップルは美味しいと言いました。

扶美さんにとってパイナップルと言えば、デルモンテの缶詰を思い浮べることでしょう。


果物の量は少しでいいのです。

でも、今日の夕方スムージーを見て、「あら、少しだね」

細めのグラスにいっぱいですが、一気に飲み干します。

野菜と果物のスムージーは、私たちには丁度良い甘さですが、

扶美さんには甘みが足らないと思い、

扶美さんの分だけ、グラスに入れた後、オリゴ糖を加え甘くしてあります。

スムージーを飲んでほしいですからね~

少しだねと言われても、少しでいいのです・・・

この後、豆乳ヨーグルトを入れたドリンクヨーグルトを飲みますから・・・

こちらもぜひ飲んでほしいですからね。

飲んでほしいのでこちらにもオリゴ糖を加えています。

扶美さんのお腹が快調なのは、オリゴ糖のおかげがあるかもしれません。

豆乳ヨーグルトのおかげかもしれません・・・

扶美さんの気合いでそうなっているのかもしれません。

よくわかりませんが、排便が順調で驚いていますよ~ 

百歳を過ぎて、下剤を服用していない人は珍しいそうですから、

扶美さんの身体は快調に動いていると言えます。

快腸ですね・・・

嬉しいやら・・・ビックリするやら・・・

この調子で行きましょう・・・誕生日へまっしぐら・・・


ミセスジョンレイン 丈夫なバラですね 
e0288951_1933347.jpg

ペッシュボンボンが盛りです
e0288951_19342672.jpg

ソニアリキエル 蕾が虫に食われようやく一輪咲きました
e0288951_19344473.jpg

ヤマミツバがたくさん、毎日スムージーにも入れています
e0288951_1936744.jpg

庭のガードマンたち
e0288951_1937378.jpg


e0288951_19371945.jpg


e0288951_19373858.jpg


e0288951_19375689.jpg



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







Commented by gutsuri at 2015-05-25 15:00

メエ子さん、こんにちは。 いただいたコメントを読んでいるときに地震があり、ちょっとした手違いで削除してしまいました。ゴメンナサ~イ・・・ 私は元々健康志向でしたが、今はもうかなりの健康オタクです。扶美さんの介護を始めてますますオタクに磨きがかかり、こうすればいいのではないかと思うことは全てトライしています。そして、それが面白くて楽しくて、しかもそれに扶美さんが乗ってくるので、ある意味チャレンジ、また、そのトライだけを楽しんでいるのではなくて、扶美さんの様子で、結果がわかりますからね。道中も楽しければゴールも素晴らしいといった感じです。 ヒントは身近なところに転がっているものばかり・・・ 今まで見過ごしていたことがたくさんあったのだと気づいて、それを拾い集めて、並べ直して、扶美さんと楽しんでる・・・このような生活です。 介護って時間に余裕がある場合(私のことですが)今まで見えなかったことが急に目の前に現れて驚きます。何かそれが、根本に繋がっているように思えて感じ入ってしまう時がありますよ~ 人生ってそれぞれ・・・メエ子さんの百歳のお祖母さまも扶美さんも・・・
でも、百歳を生きるってやはり凄いと思います!
by gutsuri | 2015-05-24 19:39 | 介護 | Comments(1)