百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

元気のデリバリー

今日は、扶美さんに、「元気のデリバリー」がありました。

往診の先生が来られたのですよ。

人のことは観ていてよくわかりますよね。

先生の良く通る声と明るい笑顔、

それは、高齢者を元気づけようとする思いに溢れていて、

そばで見ている私にも伝わってきます。

私もそのおこぼれを頂戴していますが・・・

充電してもらった扶美さんは、一段と元気です。

介護関連の方から聞いた話ですが

この先生の往診の後は、皆さん、テンションが高くなるのだそうです。

明るく元気にシャキッとなって、

「あら~、どうしたの?元気いっぱいね~」

このような状態になるのだそうです。

すごいパワーですね。

先生は意識して、このようにしていらっしゃいますよね、きっと・・・

先生にエネルギーを注入してもらった患者さんは元気いっぱいです。

そして、このように患者さんにエネルギーを注入することで

先生自身も、エネルギーを充電していらっしゃるかもしれない・・・ご自分にです・・・

気功師の方が気功を施すと、

受ける人はもちろんのこと、気功師自身も気の充電ができるそうですからね。

エネルギーって与えても減らない?

う~ん、面白いですね~

エネルギーを吸い取られると感じるときはありますけどね・・・

こちらからエネルギーを与えようとするときには、

身体はエネルギーを増産しているのかもしれませんね・・・

よくわかりませんが・・・

でも、本当に今日は「元気のデリバリー」を受け取り、

扶美さんは一段と御機嫌です~

有難いですね。

庭をぐるっと見回り、バラゾウムシを見つけるのがこのところの日課です。

先週に比べ、昨日今日は、バラゾウムシは少なってきたなあ~と思っていたら

やはりね!いましたよ~

ハナグモくんです。

ノヴァーリスにいました。
e0288951_18203183.jpg

バラの蕾の付け根のところ、バラゾウムシに刺された跡が見えますね。
e0288951_18235318.jpg

でも、この蕾は大丈夫そうです。

花を咲かせることができるでしょう。

ローゼンドルフシュパリスホープとノスタルジーのところにはササグモが陣取っていました。

クレマチスにはハナグモもいましたし・・・

そろそろクモくんたちの助っ人登場!

毎日数匹のバラゾウムシを捕っていましたけど、

ハナグモやササグモにバトンタッチできそうです~

昆虫が出てくるには、時期があります。

草食昆虫も肉食昆虫も、その時期にならなければ、出てこないので、

それまでは、私が手で取るしかないのですよ~

ハナグモもササグモも本当に小さいですが、強力な捕食者です。

そして、あと一か月するとカマキリの赤ちゃん登場です~

こちらも強力な助っ人です。

この小さな庭に出来ている小さな生態系。

食べたり食べられたりの食物連鎖。

これに組み込まれている虫たちの生態もまた乳酸菌が応援していると思っています。

近くにある八重桜が満開です。
e0288951_1845512.jpg


e0288951_18453527.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



e0288951_184688.jpg


心と身体
by gutsuri | 2015-04-21 18:46 | 健康 | Comments(0)