百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

介護もバラもスピリチュアルも・・・

以前に家族からこのように言われたことがあります。

「生きがいがあっていいね~」

私にとって扶美さんの介護は生きがいのように見えるそうです。

明るく扶美さんに接している様子は、傍で見ていると、

楽しそうで、介護できることを喜んでいるようにも見えるのだとか・・・

扶美さんに接するときには、確かに「明るく生き生きと」なのです。

「私が明るく接すれば扶美さんも明るくなる」ことがわかっていますから、

そのようにしています。

鏡の法則でしたでしょうか・・・

そして、その方が気持ちが良いですからね。

扶美さんの介護が、生きがいかどうかわかりませんが、

「やらなくてはならないことがある」と、

これはやはり、しっかりやろうと思いますよね。

扶美さんを見ていると、

扶美さん自体がまだ、しっかりと日々を暮していますし、

自分でできることは、出来るだけ自分でやろうとする気持ちがまだ残っていますから、

応援できるところは応援しようと思っていますよ。

それが、生きがいなのかどうか・・・

ある意味、生きがいなのかもしれない・・・ですね。

ネットで生きがいを調べると(コトバンクより)
人生の意味や価値など,人の生を鼓舞し,その人の生を根拠づける
ものを広く指す。〈生きていく上でのはりあい〉といった消極的な生きがい
から,〈人生いかに生くべきか〉といった根源的な問いへの〈解〉としての
より積極的な生きがいに至るまで,広がりがある。
生きがいは,漠然とした生の実感としてほとんど当人に無意識に
生きられていく場合と,自覚的に人生の営みに取り込まれる場合とがある。

介護をしていると、

物事を見る目線の位置が異なりますから、

発見は多いのですよ~

当たり前のことが当たり前ではなくなる・・・

そのようなこと、日々の生活の中で、普通は考え付きませんから、

そのような状態を目にして、初めて、そのことに気が付く。

そして、健康とは何かとか、

寿命とは何かとか、

身体の働きや老いについてなど、

今までぼんやりとしか見えていなかったことを、

傍ではっきりと見せてくれる人がいる・・・

最近は、介護って、見えてくるものがあって、退屈しないなあ・・・

という思いがあります。

そのようなところが、家族から見ると、生きがいのように見えたのかもしれません。

でも、介護をしていると、外出が限られるのですよ~

母は自立している部分が残っていますから、

家での私の自由時間はたっぷりありますけどね。

庭仕事をしたいときには、母のことをサッサッと済ませて、

バラを見ています・・・

ブログ名通りに、今の私は、3本の柱で支えられていますね。

介護とバラと、そしてやはり、スピリチュアルにも・・・

そして、最近の発見は、

介護もバラもスピリチュアルも・・・同じだということ・・・

そう思えて来ました・・・・

感覚的なことですけどね。

長寿者がそばに居ると、やはり、面白いですね~

サクラソウ
e0288951_17203790.jpg


e0288951_1721558.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



今日のお客様です。クマンバチもブンブン飛んでいましたが撮れませんでした。
e0288951_17184939.jpg


心と身体
by gutsuri | 2015-04-19 18:55 | スピリチュアル | Comments(0)