百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

虫に助けられてバラ育て

今日は、夕方近くに庭に出たのですが、

ハナグモを見つけました。

バフビューティーにいましたよ。
e0288951_17413335.jpg

嬉しいですね~

今日も、バラゾウムシを何匹か捕まえました。

バラの新芽が萎れているものがあります。

自然栽培のバラ育てですから仕方ないのですが、

蕾の付いた茎が萎れているとがっかりですよね。

クモさんたちに早く出て来てほしいと待っていましたから、嬉しいです♪

ハナグモって、本当に、手が長いのです。
e0288951_17553394.jpg

この長い手で、ミツバチを捕まえることもあるのです・・・

これからたくさんハナグモを見つけられることと思いますが、

お天気がおかしいですね~

4月ってこんなに雨が多かったでしょうか・・・

葉が茂り風通しがよくないと葉が病気になりますよね。

「3月の風と4月の雨が5月の花をもたらす」そうですけど・・・

ちょっと雨が続いています~

ササグモはノスタルジーに陣取っていますよ。

葉の陰に隠れてしまいました・・・

そして、今日のキリギリスは、クイーンオブスエーデンにいました。
e0288951_18173123.jpg

その他、今日見つけたもの

クレマチスにいたカメムシ
e0288951_18252574.jpg

アルバセミプレナにいた青虫
e0288951_18261185.jpg

青虫はアシナガバチの好物ですけどね・・・

虫たちに頼ってバラ育てをしている私ですが、

4月末から5月にバラが咲くまで、

肉食昆虫は、私の望むようには出て来てくれません。

アブラムシがたくさん出て来て、

「あら~、どうしよう・・大変!」などと私が困っていると、

アブラムシのにおいをかぎつけたのかどうかわかりませんが、

ようやくテントウムシがやって来るのです。

先手先手というわけにはいかないのです。

害虫である草食昆虫がたくさん出て来て、困ってしまって、

ようやくその草食昆虫を狙って益虫である肉食昆虫がやって来る。

このパターンです。

先に肉食昆虫が出て来ても食べるものがありませんから、

自然の摂理はよくできているものだと感心します。

虫の助けはこの程度なので、4月末から5月のバラ開花までは、

忙しいのですよ。

時間があれば、庭をうろついて、虫とりをしています。

それでも、「農薬を撒くよりは健康的かな?」と、

虫食いの花を見つけて気落ちしている自分を励ましていますよ~

そのような4月5月ですから、

ハナグモのような存在は「逞しい戦士」!

しばらくは、クモたちに頑張ってほしいです。

新しい葉が出て来て花のように鮮やかです
e0288951_18574895.jpg


e0288951_18583334.jpg



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-04-16 19:36 | ナチュラルガーデン | Comments(0)