ハナグモさ~ん!

昨年の4月、バラの新芽にいたハナグモです。
e0288951_19451779.jpg


無農薬、無肥料の自然栽培でバラを育て始めて、4年目に入ります。

4年前までは、市販の有機肥料をバラに与えていました。

きれいに咲いてほしくて、肥料を与えていました。

バラには肥料が必要だと信じていたのです。

有機肥料を与えていましたから、虫はたくさんいましたね~

薄めずにそのまま使える市販の殺虫スプレーを用意して、

アブラムシに使うこともありました。

でも本当に、たまに、使っただけです。

4年前の殺虫スプレーがまだ残っています(処分方法に迷っています)

今日は午後から外に出てハナグモを探しました。

バラの自然栽培においては、ハナグモは強力な助っ人なのです。

バラの枝や蕾、花などで待ち伏せして、

大きな相手にも果敢に向かっていきます。

昨年はチューリップにハナグモがいましたから、

今日は、咲いているチューリップの花すべて見ましたが、

ハナグモは見つかりませんでした。

今日もばらの新芽にバラゾウムシを2匹見つけ捕まえました。

アブラムシはまだ見ません、今はまだ・・・です。

ハナグモ、ササグモ、ワカバグモなど、早く出てこないかな~

そろそろ本格的に活躍してほしいと思い、待ちこがれています。

バラの害虫が出始めています・・・

「クモさんたち~、ご飯がたくさんあるのよ~」と叫びたくなります。

クモは農薬に敏感なのだそうで、

クモがいるということは、自然度が高いということらしいですね。

ブルンネラ
e0288951_18514870.jpg

こちらも
e0288951_18523678.jpg

サクラソウ
e0288951_1981179.jpg

ササグモはいました。
e0288951_18234025.jpg

その他、見知らぬクモもいくつか・・・

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



キリギリスの赤ちゃん、一匹だけ見つけました。
e0288951_19151296.jpg

花びらをかじっていますね~

心と身体
トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/22958653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2015-04-15 19:24 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri