百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

自分の音楽を奏でる

以前に、ウエイン・ダイアーのyoutubeを見ていた時に

彼が主張している10の法則の中の一つが印象に残りました。

自分の音楽を奏でているうちは死なないというものです。

高齢者が近くに居ると、

ちょっとした見過ごしが、生命にかかわるといけないと思い、

顔色を見たり(文字通りの顔色ですよ)、手足に触ったり、

ほっぺに顔をくっつけたり・・・などをしながら、様子を見ることが多いです。

扶美さんは、基本的に元気ですから、

(たま~にですが、どこかに飛んでいるときもありますが)

簡単なボディータッチや会話の様子で、体調を感じることが出来るのです。

101歳になってからは、微妙な変化がありました。

朝、「おはよう!朝が来たわよ~ また、朝になったのよ~」

このところ私の方から声をかけますが、

それまではずっと、母が先に声をかけていました。

母の方から「おはよう。朝になったね~」と言っていたのですよ。

今の扶美さんは、受け身的な態度が多いですね・・・

朝の挨拶に限らず、いろいろなところで、

私の言葉を待っていると感じるようになりました。

でも、会話をしていると、相変わらずの扶美子節が出て来ます~

新聞のチラシを手に話すのですが、

美味しそう、これは便利、こんなものが今はある、

そして、サービス券などが付いていると、すかさずそれを私に知らせる・・・

あら~、さすが~、変わっていないわ~

胸をなでおろします・・・

弱気なところも出ては来ましたが、

それでも、以前の扶美さんは健在です。

扶美さん、自分の音楽を奏でているわ~

その音楽は、洗練されているわけではありません・・・

土にしっかりと根を下ろし、暑さ寒さに耐え抜いた強い旋律・・・

特に低音が響いているような感じがします。

私たちは、それぞれが異なる周波数を発しています。

この世のものは全て、独自の周波数を持っているそうで、

私たちも例外ではないようです。

宇宙に向かって、自分の周波数を、

それはその人独自の歌のようなものだそうですが、

宇宙に向かって、高らかに演奏しているそうですよ。

我、ここにあり・・・と、

一人一人が、声たかだかに主張し、歌っているそうです。

面白いですね~

自分が発している周波数に興味がありますね・・・

e0288951_1916396.jpg


e0288951_191703.jpg


今日の夕日
e0288951_19172733.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体

Commented by ハリー at 2015-03-14 13:50 x
全ての物(鉱物なども)意識があり、周波数・波動を持つと聞きます。良い波動を出し また良いものと同調したいですね。発する言葉も大事らしいです。
Commented by gutsuri at 2015-03-14 20:07
ハリーさん、こんばんは。

本当にその通りなのですよ。
頭の中で何を考えているか・・・いつもチェックですよね。
その考えが周波数であり、宇宙に届いているのですから。
普通の人は一日に6万回でしたでしょうか、思考するそうです
から、それを全部チェックするのは大変なことです。
良い周波数を発することを習慣として身に着けたいですね。
それを習慣として身に着けることが凄く大変なのだとか・・

常に意識しましょうね!
by gutsuri | 2015-03-13 19:19 | スピリチュアル | Comments(2)