百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

春はすぐそこ

今日は庭の南西部分をきれいにしました。

先日、北東部分を片づけましたから、今日は南西・・・

鬼門と裏鬼門・・・をまずきれいにして、それから・・・です・・・

バラの根っこの周囲の雑草をきれいに取り除き、

必要であれば、土を足します。

モグラ塚がいくつか出来ていますから、思わぬところに穴が開いています。

地中も穴だらけかもしれませんね。

土を足して穴をふさいでおきます。

またすぐに、モグラ塚が出来るだけかもしれませんけど、

放っておくわけにもいきません。

昨年は、一日に10個以上のモグラ塚が出来ていて、

目が回る思いをしました。

今年もモグラ塚は出来ていますが、昨年ほどたくさんではないので

胸をなでおろしています。

モグラ塚で出来た山は、大きかったり小さかったり、いろいろです。

乳酸菌で土壌再生していますから、土はたくさんあるのですよ。

不要になった鉢の土に黒土を足して、乳酸菌をかけておく・・・

しばらくすると、良さそうな土が出来ています。

そろそろ乳酸菌も活動を始めるかもしれませんから、

土づくりもスタートさせましょう。

乳酸菌の仕込みが先ですね。

頑張ってたくさん作ることにします。

庭仕事が終わって、母のところに行くと、

母がタオルケットと肌掛けを畳んでいました。

「仕事は終わった?」と聞いてきたので、「まあ、大体ね~」と応えました。

「外で動いている姿が見えたから、手伝おうかと思ってね~」

と、また、布団を片づけようとしています。

元気なことです。

嬉しいですね~

今日は朝から明るい顔でご機嫌でした。

このような日もありますし、拒否の日もあります。

いろいろあって退屈しません。


カタバミやクローバーは、今の時期は根っこの深いところから取れますね。

気持ちの良いほどするすると取れて、

今、取っておくと、夏に助かりますからね。

ヒヤシンスが日に日に伸びているのがわかります。

蕾を見て、紫色の花が咲くのかピンク色の花が咲くのか、わかるくらいです。

そう、あと少しで3月になります。

春はすぐそこ・・・

速いものです。

驚くほど速いですね。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-02-21 19:12 | ナチュラルガーデン | Comments(0)