鎌倉鶴岡八幡宮の寒牡丹

昨日、立春の日に、鶴岡八幡宮に参拝した後、

境内にある牡丹園に立ち寄りました。

寒牡丹がきれいに咲いていましたよ。

その中から一部をご紹介します。

寒牡丹はこのように大切に育てられています。
e0288951_15265354.jpg

文字通りの箱入り娘ですね。
e0288951_1528281.jpg

大輪の花は、バラもそうですが、雨にあたると水を含んで、花首が折れてしまいます。
e0288951_15361030.jpg


e0288951_15364042.jpg


e0288951_15371020.jpg


e0288951_15374259.jpg


e0288951_15382328.jpg


e0288951_15385692.jpg


e0288951_15394097.jpg

絢爛豪華で艶やかな牡丹の花に酔いしれました。

目からたくさんのエネルギーをいただいて、

私の身体はしっかりとパワーが充電されました。

立春の日は、一足先に、鶴岡八幡宮の寒牡丹で春を満喫です~


牡丹と芍薬の違い、

それは、牡丹は木で、芍薬は草、

蕾の形が、牡丹は先が尖る、芍薬は丸い、

葉の切れ込みが、牡丹はある、芍薬はない、

このような違いがあるそうですよ。

私は牡丹は上手く育てられませんが、

芍薬は毎年美しく咲いてくれます。

芍薬は丈夫ですね。

庭に四本植えてありますが、手をかけなくても育ちます。

でも、牡丹は、このように手厚く大事に育てると、応えてくれるのでしょう。

本当に見事な花ですね。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体

トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/22783354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2015-02-05 18:52 | 鎌倉、葉山、横須賀 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri