百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

虫と一緒にバラ育て 14  虫は虫によって制す

ガーデニングのサイトでは、

有機の虫除けがいろいろと紹介されています。

唐辛子やニンニクを使って作ったものや、

また、木酢液を薄めてスプレーしておくことなどは効果があるようで

虫を寄せ付けないいろいろな有機の虫除け方法が紹介されています。

虫よけというくらいですから、

これは、害虫だけではなくて、益虫に対しても効果があるということになります。

虫全般に対して虫よけなのですから、

益虫も害虫も共に庭には来なくなってしまうかもしれない・・・のですよね。

そうなると、やはり・・・

庭に虫がいなくなってしまうと、寂しい気がします・・・

春になると、小さなハナグモやテントウムシやアリが出て来て、

ああ、また、生き物たちが戻ってきたな・・・と

益虫であるハナグモ、テントウムシ、アリなどの存在を頼もしく感じます。

アブラムシがたとえバラの蕾を覆うほど付いていても、

益虫たちの援軍がいると思えば、私のフットワークも軽く、

庭仕事に精を出すことが出来るのです。

5月には、咲いているバラの花ほとんどにハナグモが潜んでいます。

ハナグモは小さくて可愛いですから、

バラの花にいても気が付かないこともありますし

ハナグモを見つけると、

それがバラの花を守っているように感じるのです。

バラと虫の共存、、微笑ましく見ています。

そして、虫たちの世界。

虫は虫によって制す。

このような世界を一旦作っておけば、

その後のバラ育てが楽になります。

私は肥料を与えていません。

米ぬかから作った乳酸菌をバラにドボドボ撒いているだけです。

それでも、きれいにバラは咲きますよ。

植物と虫たちが創り出す世界。

響き合い、繋がっている生き物のシンフォニーが聴こえてくるような世界。

これを尊重しています。

自然のパワー溢れる世界、この土台があってこそ、

自然の力を秘めたパワー溢れるバラの花が咲くのです。

そのパワー溢れるバラの花から

私は大自然の恵みを受け取っています。

バラの花は、大自然への扉・・・

この小さな庭では・・・


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2015-01-26 19:28 | 庭の虫たち | Comments(0)