百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

虫と一緒にバラ育て 12  害虫

小さな庭でバラを楽しんでいると、

肉食昆虫も草食昆虫もやって来ますが

私がはっきりと「害虫」だと認識している昆虫は、アブラムシです。

アブラムシだけと言っても過言ではないくらい、

アブラムシは、バラやクレマチスにとって、本当に困った草食昆虫の害虫です。

一匹ではひ弱な存在のアブラムシは、数で勝負します。

気が付けば巨大なコロニーが出来上がっていて、お手上げ状態・・・です・・・

リンゴ農家の木村秋則さんの本に書かれていましたが、

肥料と農薬はワンセットだそうです。

肥料を与えると、農薬を撒かなくてはならなくなる・・・

肥料を与えることは、自然の状態ではなくなることですから、

虫たちを呼び寄せるのだそうです。

この小さな庭では植物に肥料を与えていませんから

(数個の鉢植えだけには少し与えていますが・・・バラではありません・・)

やってくる虫は少ないはずです。

実際、虫は少ないのですが、アブラムシだけは例外です。

アブラムシのコロニーを見ると、その数に目が回るほどです。

春から秋にかけて、アブラムシのメスは、子持ちのメスを産むのだそうですよ・・・

妊娠しているメスを産むのだそうです。

効率がいいですね~

3~4日で巨大なコロニーが出来上がっていますから、本当に驚いてしまいます。

この春のアブラムシ対策は、ホースの水で勢いよく飛ばす・・・

これでいこうかなあなどと考えていますが、どうなりますことやら・・・

いわゆる害虫も庭にやって来ますが、アブラムシに比べると可愛いもので、

私はほとんど気になりません。

6月、カミキリムシ、イチジクの木にいたので捕りました
e0288951_17141135.jpg

ニジュウヤホシテントウ、テントウムシに似ていますが、これは草食昆虫です。
e0288951_1716714.jpg

背中の星が28あり、テントウムシのような光沢がありませんね。ナス科の害虫です。

4月、草食昆虫でしょうけど、気になりません。
e0288951_18292324.jpg

これも4月、ハムシの一種でしょうね。放っています。
e0288951_18315331.jpg

5月、カメムシ、気にならないので放っています。
e0288951_1719832.jpg

8月、アオドウガネ、これも放っています。鉢に卵を産むかもしれませんが・・・
e0288951_18295413.jpg

そして、この黒いアブラムシ、ホワイトセージによくいるのですよ。
e0288951_1838472.jpg

面倒なので、穂先ごと切り取っています。ホワイトセージはすぐに伸びますから・・・

このような感じでやっているのですよ~

アブラムシ以外には、わりと寛容なのです・・・

草食昆虫はたしかに害虫なのですが、

私も実は草食人間だったりしますから、「あら、お仲間ね~」などと

親近感が湧いてくるのです。

そして、肉食昆虫も庭にはたくさんいますから、

それらが害虫である草食昆虫を食べるかもしれないですね。

食物連鎖です。

食べたり食べられたりの・・・

こんなに小さな場所にも一つの生態系が出来上がっています。

この庭にはカマキリが食物連鎖の頂点として君臨していますが、

カマキリものんびりとはしていられません。

昆虫以外の庭にいる生き物です。

8月、日本カナヘビ
e0288951_18455257.jpg

そして、こんなものが顔を出すこともあります。4月です。
e0288951_184995.jpg

キャ~っと言いながら、持っているものを放り出して逃げましたが、

気を取り直して、カメラを構えて撮りました。

まあ、退屈しませんね。

ハラハラドキドキ。

エンタテイメント満載です~

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
Commented by k MaMa at 2015-01-23 07:44 x
おはようございます。
アブラムシで、思い出しました。
昔母が育てていたバラのアブラムシ退治に、
石鹸水を泡立てて、
その泡をアブラムシにかけていました。
効果があるのかどうかわかりませんが、
その作業は面白いので、まだ子供だった私も手伝っていましたよ。
木村秋則さんの本は、私も読みました。
「奇跡のリンゴ」映画も見ました。
色々と、考えさせられますね。
Commented by gutsuri at 2015-01-23 21:19
k MaMaさん、こんばんは。

木村秋則さんの本は面白かったですね。
残念ながら映画は観ていないのですよ。

無農薬ですから、虫がたくさんいて大変だと思われますけど、肥料を与えていないので、それほどたくさんの虫がいるわけではありません。
木村秋則さんの本の通りです~
肥料なしなのですが、乳酸菌のおかげでバラはきれいに咲きますよ~
乳酸菌パワーはすごいです。
by gutsuri | 2015-01-22 19:05 | 庭の虫たち | Comments(2)