百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

虫と一緒にバラ育て 6  カマキリ

今日はカマキリです。

私はバラに乳酸菌をドボドボと撒いていますから、

バラの木はすごく元気で、美しい花を咲かせてくれます。

元気なのはバラだけではありません。

庭に住んでいる虫たちぜ~んぶが、とても元気なのです。

バラの株元に乳酸菌をドボドボと撒いたり、

バラの枝にも乳酸菌をスプレーします。

枝にいる虫たちは、乳酸菌のシャワーを浴びることになりますから

益虫である肉食昆虫も、害虫である草食昆虫も、共にすごく元気です~

ローゼンドルフシュパリスホープの枝に付いているカマキリの卵嚢です。

今日撮りました。
e0288951_14143013.jpg

昨年は、大カマキリが何匹か庭にいましたから、

そのうちのどれかが産み付けたのだと思います。

ここから数百匹のカマキリの赤ちゃんが、

それこそ、クモの子を散らしたように、湧き出てくることでしょう。

そして、その数百匹のカマキリのベビーたちは、

共食いをして勝ち残ったものが大きくなるのです。

これは、昨年の5月庭にいたカマキリの赤ちゃんです。
e0288951_14241632.jpg

無農薬で何かを育てようと思ったら、カマキリの存在は重要でしょうね~

その食べっぷりたるや実に見事で、オンブバッタをバリバリ食べているところなど

生きていくことの原点を、私たちに見せつけてくれます。

6月になりました。少し大きくなったでしょうか、別のカマキリかもしれません。
e0288951_14365328.jpg

8月です。ほとんど大人ですね。
e0288951_15155436.jpg

カマキリは縄張り意識が強いので、それぞれ離れたところに陣取っていますよ。
e0288951_1517255.jpg

8月末、ようやく本格的な狩人です。
e0288951_15193284.jpg

昨年は、この小さな庭に数匹のカマキリが住み分けていました。

南側に2匹、東側一匹、北西に一匹などと、縄張りを守っていました。
e0288951_15195838.jpg

9月です。
e0288951_15273456.jpg

11月10日、カマキリもそろそろ終わりです。
e0288951_15491468.jpg

カマキリがもっと早く登場してくれるといいのに・・・といつも思っています。

4月5月がアブラムシ最盛期です。

4月5月に、バラのアブラムシ退治をしなくてはなりません。

バラの新芽や蕾、細い茎などを、害虫から守って欲しいのです。

カマキリは5月末にカマキリの赤ちゃん登場なのですよ。

カマキリは食欲旺盛でいろいろなものを食べます。

私が可愛がっているものを食べるかもしれません。

(パセリに産み付けられたアゲハの幼虫に育ってほしいと思いますが、

カマキリに食べられるのではないかと心配なのです・・・)

それもまた、自然の掟・・・

この小さな庭で、食べたり食べられたりの世界が出来上がっています。

庭のルールは、庭を住処としている虫たちが決めるのです。

観察者である私は、観ているだけです。

基本的に手出しはしません。

アブラムシだけは、やっつけますけどね・・・・

このカマキリは、2012年にパパメイアンの枝に住んでいました。
e0288951_1815282.jpg

それから毎年、カマキリがこの庭に現れます。

昨年見たカマキリも、このカマキリの子孫ではないかなあなどと思っていますよ。

今年もきっと、たくさんの赤ちゃんカマキリが現れて賑やかなことでしょう。

そして、その中からまた大きく育ったカマキリが、庭に住みついてくれるといいのですけどね。

バラの写真も・・・去年5月のジャスミーナ
e0288951_1849102.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



カマキリの幼虫はアブラムシを食べるそうです。


心と身体
by gutsuri | 2015-01-16 18:57 | 庭の虫たち | Comments(0)