百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

虫と一緒にバラ育て 5  テントウムシ

このところ虫ブログのようになってきました。

が、実は虫のことなど余り知りません。

前日の記事を読み返しては、「あら~、言葉が足らないなあ~」

このように感じることばかりです。

今日は、テントウムシについてなのですが、

昨日のクモについて言葉が足らなかったところがありますので、

それを書き加えておきますね。

植物も多分そうだと思うのですが、

虫類も、春先、春、初夏、夏、晩夏、秋と、

季節が進むにつれて、現れてくる虫たちが異なるのです。

バラがきれいに咲いているときの5月6月に現れるクモは、

ハナグモ、ワカバグモなどの小さくて可愛いクモたちだけです。

これらの小さなクモたちはバラの花に潜んでいて、時々顔を覗かせています。

秋バラが咲くころにもう一度、出現します。

バラの花が咲くときだけ、ハナグモやワカバグモは現れるのですよ。

ハナグモとはよく言ったものですね。

夏はどこにいて何をしているのでしょうか・・・

8月、暑くなってくると、今度は巣を張るクモたちが、庭を陣取り、

所狭しと、巣を張るのです。

私は、クモの巣を避けて、草取りなどしています。

しゃがんで通ったりしますが、

「明らかに場所違いでしょう・・・」と思えるものは壊しますけどね。

そうすると、すぐに他の場所に巣をつくるその逞しさ!

11月になるといつの間にかクモたちはみんないなくなっています。

残っているのは、クモの巣だけ・・・

我が家の場合ですけど・・・

さて、テントウムシですが、アブラムシを食べてくれるので、

バラ育てをしている身にとっては、本当に有難い存在です。

無農薬ですから、アブラムシの量は物凄いです。

しかも、バラに乳酸菌を撒いていますから、

そのおかげで庭の虫たちもみ~んな、物凄く元気なのです。

益虫も害虫も、そろって生き生きとしていますよ~

アブラムシも例外ではありません。

健康で元気なアブラムシがワンサカいて手を焼いています。

テントウムシがどこで冬越ししているか知りませんが(ナナホシは冬越し)

昨年1月に庭のカレックスにナナホシテントウがいました。(フィッシュアイで撮りました)
e0288951_15335992.jpg

可愛いなと思ってちょっとつつくと、落っこちてひっくり返っています。

死んだふりをするなかなかの役者です。

テントウムシの幼虫は食欲旺盛なので大歓迎。5月です。
e0288951_15431555.jpg

ダンゴ虫の子供みたいですが、テントウムシの幼虫です。

背中の模様が何となくテントウムシらしいです・・・

テントウムシは可愛い姿に似合わず攻撃的です。
e0288951_15573856.jpg

肉食昆虫ですからね~

自分の倍以上もあるカメムシ(草食昆虫)にちょっかいを出します。
e0288951_16255280.jpg

カメムシを捕まえようとしたけれど、相手が大き過ぎました。
e0288951_16245576.jpg

これはナミテントウです。
e0288951_1631114.jpg

テントウムシは待ち伏せしません。飛んで行って攻撃します。
e0288951_16331492.jpg

バラのベッドで眠っています
e0288951_16364247.jpg


e0288951_16381955.jpg

きゃ~、恐ろしい写真ですね~ 全部食べたかしら・・・
e0288951_16425136.jpg

お口直しに、5月のイングリッシュヘリティッジです。
e0288951_16464812.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-01-15 18:46 | 庭の虫たち | Comments(0)