百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

虫と一緒にバラ育て

完全な無農薬でバラ育てをして3年経ちました。

鉢植えのものには、肥料を少し与えていますが、

地植えの植物には、基本的に、肥料を与えていません。

乳酸菌をドボドボと撒きますが、それだけです。

乳酸菌のおかげで、豊かな土壌が育っていることと思います。

バラがきれいに咲くからです。

バラはバラらしく咲いていますよ。

驚くほどたくさんの花を付けることはありませんが、

それでも、バラの花を見るたびに豊かな気持ちになりますから、

私にとっては十分です。

お天気の良い日にちょっと庭で片付けなどをするのは、

幸せなひと時です。

寒くても、身支度を整えて、伸びすぎた枝などを切っていると

草かげにナナホシテントウを見つけたりして、

まあ、この寒空にがんばっているのね~などと元気を貰っています。

一昨日、切り忘れたバラの蕾を見ると、

アブラムシがたくさんついています。
e0288951_1746487.jpg

この寒さの中、よくまあ、頑張ってお仕事しているのね・・・などと褒めてやりたくなりますが、

3月4月のアブラムシの集中攻撃の凄さを思い知らされます!

昨年はアブラムシの余りの凄さに、

10年来のクレマチスを短く刈らなくてはなりませんでした・・・

手が付けられませんでした。

刈るしかなかったのです。

このクレマチスだけに爆発的に発生したおかげで

バラなどに影響はなかったのは不幸中の幸いでしたが、

それでも、今までになかった有様に、茫然自失状態でしたよ・・・しばらくは・・・

今年は、早め、早めにチェックして、アブラムシの先を行かなくては・・と

気持ちだけは逸るのですが、どうなりますことか・・・

無農薬ですから、何が起きるのか、見当もつきません。

でも、それを楽しんでいたり

また、それを大自然への扉として、そこから見えるものを楽しんでいたり

アブラムシ以外の虫たちを仲間として、楽しんでいたりしていますから

それはそれ、なるようになる・・・

そのような感じでやっています・・・

手をかけない「シンプルなバラ育て」を目指しています。

このクリスマスローズもじきに咲きそうですね。
e0288951_1830665.jpg

今年はパンジーを植えていないので寂しく感じられますが、

八重の日本水仙です。
e0288951_18422359.jpg

今日の夕日
e0288951_1852443.jpg

今日の金星と水星 私は裸眼では水星はよく見えませんでした。家族はよく見えたそうです。
e0288951_18541712.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-01-11 19:00 | 庭の虫たち | Comments(0)