扶美さんはご機嫌です

昨日は今年初めての訪問入浴があり、今日は往診、リハビリがありました。

扶美さんのいつもの生活がスタートです。

お正月の間は、元旦も、ヘルパーさんはいつも通りに朝と夕方来て下さいました。

本当に有難いことだと感謝です。

昨年、寒くなったときに、扶美さんの機嫌がよくないことが多々ありました。

眠くて起きたくないことからくる不調のように感じましたから

思いっきり眠ってもらいました。

午前中も、午後も、夜もいつもより早く眠りについて・・・という具合にすると、

いつの間にやら、扶美さんはいつも通りの上機嫌です。

いつもニコニコなのです。

眠りが足りて満足らしく、寝起きも母から「おはよう」と声をかけてきます。

な~んだ・・・

正直なところ、認知症が入ってきたのではないかと、心配でした。

いつもと顔の表情が違っていました。

お面を被ったような、凍りついた表情をしていて、

私の言葉を理解するとかしないとか以前の問題で、

こちらの言葉を受け付けず、跳ね飛ばしていたのです。

今までの不調とは、重さが異なっているように思ったのですが、

元通りの元気な扶美さんに戻って、良かったです。

眠りが足りているかどうか、

これがトリガーになるかもしれないのですね。

高齢者においては、年々、何かしらの衰えが現れるものかもしれないのだと、

今頃気が付いた、のんびり屋です~

今までそれでよかったのだから・・・

大丈夫よ、扶美さんは元気だから・・・

言えば理解してもらえる・・・

などと、お気楽に接していましたから、

とうとうやってきたのかしら・・・などと、構えてしまいました。

いつの日か、それはやって来るかもしれませんが、

今から用意して待っているのもおかしなことですから、

ご機嫌な間は、ご機嫌を楽しんでほしい、と思います。

いつの日かやってくるのが、何なのか、まったくもって、予想もつかないのですから・・・

こればかりは・・・

母手作りの羽子板です。40年くらい前に作ったものです。
e0288951_18521781.jpg

今日の夕空 明日はお天気のようですね
e0288951_1857928.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/22707791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2015-01-06 19:18 | 介護 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri