百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

いつもと同じは有難いこと

冬至が過ぎました。

お日さまの日差しが少しは強くなって来たかな~と思うと、

不思議なことに、そのように感じてしまいます。

今日の午後の昼下がり、背中に窓越しの太陽を浴びていると

ポカポカしてきて、じりじりと肌で熱を感じます。

日没も、気のせいか、遅くなってきたように思います。

夕日が差し込んでくると、

カメラを持って、時計と睨めっこしながら、家の中をうろついていますから、

ほんの気持ち、遅くなってきたかしら・・・

後、3~4日経てば、5分以上、いやもっと違っているかもしれません。

お日さまは、春の準備を着々と進めていますね。

後一週間でお正月を迎えます。

ついこの間、カレンダーを捲り、12月になったように思いますが、

驚くほどの速さで、日々が過ぎて行き、時間が進んでいきます。

母は今日はご機嫌でした。

睡眠が十分だったのでしょう。

眠たいときには、思いっきり眠るのがいいですね。

身体がそれを要求しているのですから、

十分に眠った後は、スッキリとして、満たされた感じになっているようです。

昨日のリハビリも、先生の大きな掛け声を受けて、

いつものように楽しそうにお手玉を投げ入れていましたよ。

命中率はなかなか大したものです。

ヘルパーさんとはいつもと同じ、笑顔でお話しできていました。

良かったです~

嬉しいですね~

「いつもと同じ」は、本当に有難いことなのですよ~

母が百歳になったときに、

「百歳からの健康法」のようなものをネットで探しましたが、ありませんでした。

「百歳まで健康で生きる」というようなものは、たくさん出て来ましたけど、

百歳はどうも目標のようですね。

そこから先は、手探りで、自分で進むしかありません。

手探りで、試行錯誤しながら、

喜んだり、怒ったり、がっかりしたり、笑ったりしながら

進むのでしょうね~

また、これから先、お天気の悪い日や眠いときなどには、

扶美さんの怒った敵意に溢れた眼に、遭遇するかもしれませんね。

まあ、その時はその時です~

ポンコツ部品は故障が起きますよね・・・

今日の夕日
e0288951_1859068.jpg


e0288951_1859184.jpg


e0288951_1859353.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2014-12-24 19:05 | 長寿 | Comments(0)