太陽と月のサイクル

毎日夕日を眺めています。

毎日眺めていますから(暇人ですね~)

夕日の沈む位置が動いているのが、手に取るようにわかります。

なだらかな山並みの伊豆半島を背景に

少しづつ南に動いています。

私から見て、伊豆半島を左に動いているのです。

後一週間で冬至ですから、後一週間はこのまま左に進むのですよ。

そして、冬至の日の12月22日を境にして、方向転換します。

今度は、伊豆半島を右に移動していきます。

この方向転換には、物凄いパワーが必要ですよね。

今まで左に動いていたものが、今度は右に動くとき、

動いていた動作を、一旦止めなくてはなりません。

ブレーキをかけて止まり、今度は、反対方向に動き出すのです。

止まっていたものが動き出す時には、これまた、力が必要になります。

冬至の日は、パワーが漲っているのです。

太陽のサイクルで考えるなら、この日は、太陽の新しいスタートですね。

そして、もう一つ、月のサイクルがあります。

お月さまは、29日のサイクルで、

新月、満月、そしてまた新月に戻るを繰り返しています。

新月がスタートで、それからだんだんとお月さまは大きくなっていき

14~5日で満月になります。

それからまた少しづつ欠けていき、14~5日で新月に戻ります。

新月がスタート、月の29日のサイクル。

冬至がスタート、太陽の365日を一年とするサイクル。

今年は、太陽と月のスタートが重なる朔旦冬至(さくたんとうじ)、

19年に一度のことだそうです。


太陽のエネルギーが最も弱まっていると言われている冬至の日と、

月が見えない新月の日。

エネルギーが最も弱い日?のように思えますが、

最も底というのは、これから跳ね上がる力を持っているということなのだそうです。

エネルギーに満ち溢れた日!

味方につけたいですね~

母の刺繍作品
e0288951_19192388.jpg


e0288951_19194218.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/22651513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2014-12-15 19:23 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri