百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

自然欠乏症という言葉

自然欠乏症なる言葉を、メルマガで目にしました。

自然との触れ合いが不足していると、

身体が不調に陥るのだとか・・・

今は、山ブームですね。

多くの人が山に登って、大自然の中に身を置き、自然を肌で感じています。

そのために、長い時間山道を歩いて、きつい思いをすることなどなんのその、

頂上にたどり着いたその瞬間の喜びと満足感は、何にも代えられないといいます。

我が家にも山好きがいますからよくわかります。

山登りまで行かなくとも、紅葉狩りにもたくさんの人がおとずれて、

赤や黄色の鮮やかな葉を愛でながら、その背後にある大自然を感じています。

大自然の営みを間近に感じていたい・・・

意識はしていなくとも、そのように心の奥底では思っているのですよね。

外出が思うように出来ない私も、

先日、きれいに咲いたバラ、イングリッシュヘリティッジの香りをかぎながら、

知らずの中に目を閉じると、

そこには緑輝く大草原が広がっていたり??します。

バラの花の香りは、大自然への扉・・・

バラの花にくっ付いている虫さえも、それは、大自然への誘い・・・

バラの葉が黒点を付けて、葉を落としても、それは、大自然の営み・・・

身近なところにバラがあると、

ほんのちょっとした変化にも、自然を感じることができます。

たまには山にも行きたいけれど・・・

紅葉狩りも素敵よね~

でも、バラたちも多くを語ってくれますよ。

大自然の奥深さを・・・

寒いけれど、身支度を整えて、外に出て、冷たい風に当たって、

しばらく放っておいた草花に目を向けてみましょうか・・・

こんなちっぽけな庭でも、

草花の営みは、大自然の中の草花の営みと同じですものね。

目を凝らせば、大自然への扉が大きく開くかも・・・

母の作品、テーブルセンター
e0288951_1843359.jpg

クッション
e0288951_1843545.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







心と身体
by gutsuri | 2014-12-09 19:07 | 自然とのつながり | Comments(0)