おくりもの

片づけをしていると、知らないものが出て来ます。

本だとちょっと開いて読んでみます。

あら、これは童話かもしれないけれど、

大人が読んでもいい感じです。
e0288951_1020351.jpg

おくりもの   みやざき ひろかず

だいすきな あのひとへの おくりものを さがして ぼくは たびにでた
・・・・・・・・
ぼくが おくりたいのは たとえば あけたとたんに てんしがとびだす びっくりばこ
・・・・・・・
たとえば みずをやると すぐに めがでて それが ポンとふたつにわかれ
そこから おつきさまが のぼる つきのたね
・・・・・・・
たとえば おとが はなになって とんでいく オカリナ
・・・・・・・
たとえば・・・・・もう ぼくが おもいもつかないくらい ステキなもの

・・・・・・・
きっと どこかにあるよ
・・・・・・・
ひるから よるに なるときの そらの すきまに かくれていたり
かみさまが すんでいそうな たかい やまの うえで 
ぼくを まっている ような きもする
・・・・・・・
・・・・・・・
ぼくの おくりもの
どこかに きっと あるよ


随分、省略してしまいましたが、雰囲気は伝わりますよね・・・

贈り物のシーズンになりますが

私は片づけをしていて、いくつかの隠れていたものを見つけました。

片づけも、発見があります。

出てきたものを見て、しばしその時にタイムスリップ・・・

時間を取られますけどね、、急いで片づけなくてはならない理由はありませんから

のんびりとやっていますよ~

片づけはまだまだ続きます。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/22605804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2014-11-28 19:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri