百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

たまにボケています

昨日の夕方、久しぶりに、ヘルパーさんに対する拒否が母にありました。

ず~っと元気いっぱいでしたから、

前回の拒否がいつなのかわからないくらいなのですが、

昨夕は少し母にボケが出たようです。

ヘルパーさんが来られる時には、

母が目覚めているように気をつけています。

時間を見計らって、母に声をかけたり、テレビを付けたり、

本を勧めたりと、起きている状態にしているのですが、

深い眠りの時には、起こしても目は開けますが、すぐにまた眠りに入るようで

夢の世界にどっぷりと浸かることもあるのです。

目を覚まして、夢の世界から現実に抜け出せることがほとんどですが、

夢の世界に浸っていたその目でそのまま周囲を見渡していることもあります。

その時には、ちょっと別人だったりします~

いつもと違う世界にいて、

新しく知り合った人たち(ヘルパーさんなど)のことが認識できていないと感じますね~

認知症ということばがしっくりときます。

私から見るといわゆる「ボケている」状態に見えるのですよ~

認知症と言う言葉が、初めは何のことやらよく理解できなかったのですが、

たまに見せる母のボケ状態を見ていると

認知症と言う高齢者独特の様子が、わかるようになりました。

今朝はいつも通り、ヘルパーさんと普段通りにお話し出来ていましたから、

それほど心配はしていません。

何かの拍子に混乱するのですね。

それも確信をもって混乱しています。

一昨日、母が私に「腰は痛くない?」と聞いてきました。

一瞬、ビックリ。

母が腰が痛くなったのかしらと思いつつ

「私は腰は痛くないわよ。気をつけているから。扶美さん腰が痛いの?」と聞くと

「そうじゃないの。ほら、この本のここに腰痛についていろいろ書いてあるから・・」

と、読んでいる雑誌を私に見せます。

な~んだ。良かった~

母は、腰痛防止を熟読していました・・・

いろいろですね。

しっかりしているときもあれば、認知症が出るときもあります。

それでいいのでしょうね。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
クビキリギスの幼虫がホワイトセージにいます。
e0288951_16492742.jpg

葉っぱにそっくりなので、目を凝らしてもわからないことがあります。
e0288951_16501486.jpg

ウイミー
e0288951_16511228.jpg

ジュビリーセレブレーション
e0288951_16513664.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ


e0288951_1652942.jpg


心と身体
Commented by miyabiflower at 2014-11-24 11:10
こんにちは。
ここ数日の夕焼け、私も見ていました。
写真も撮りました^^
同じ夕焼けをきっと見ていたのだと思います。
海の向こうに夕日が沈むのですね。
こちらからだとちょうど大山の向こうに沈みます。
ほっとするひとときですね。
クビキリギリスもホワイトせ―ジも色がきれいですね。
やわらかい色を見ているとほっとします。
ころんとまるい薔薇もかわいくて、色が素敵です。
花は心を和ませますね^^
Commented by gutsuri at 2014-11-24 19:13
miyabiflowerさん、こんばんは。

夕日は和みますね。
オレンジ色の優しい光線を全身に浴びると、その瞬間に、スイッチが入って穏やかな気持ちになります。
満たされた感じもしますね。幸せなひと時です。
山に沈む夕日もまた格別でしょうね。
これから2月くらいまでお互い楽しみましょうね。

冬越しする昆虫は有難い存在です。
冬にも顔を見せてくれて、元気をもらえますよ~
四季折々の一コマ一コマが愛おしい・・・
by gutsuri | 2014-11-23 18:32 | 介護 | Comments(2)