百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バラの好きな「場」

ツチイナゴの姿が見えなくなって寂しいので

コルジリネを一株増やして二株にしようと思います。

ツチイナゴもトノサマバッタもクビキリギスもカマキリも、

基本的に、バラには悪さしませんからね。

昆虫は、食の分類がしっかりと守られていて、

好みのものしか食べません。

その代わり、バラが好きな昆虫は徹底してバラを食しますね~

その徹底ぶりは凄いです、本当に・・・

少しくらい邪魔をしてもなんのその、バラだけを食べます。

バラの葉、バラの茎、バラの新芽、バラの蕾、バラの花びら、

容赦いですね。

食われたバラの枝や葉は蕾は、萎れてしまいます・・・

肉食昆虫と言っても、キリギリスなどは幼いときには草食ですから

クレマチスの花びらを食べる困ったチャンです・・・

バラの花びらは肉厚だからでしょうか、あまり食べませんけどね・・・

バラ育ての邪魔をしない草食昆虫は、庭に居てもいいかな・・・

たくさんの種類の昆虫たちがいると賑やかですし、

それぞれが個性を発揮して、この場を盛り立ててくれる・・・

その活気ある「場」を、バラたちは喜んでいるのではないかしら・・・

カマキリがのそのそと枝を這っていたり、

キリギリスが飛んで来たり飛んで行ったりするその動きを、

案外バラたちは、ニコニコしながら見ているのではないかしら・・・

バラたちは、昆虫の居る活気ある「場」が好きかもしれない・・・

そのように感じています。

コルジリネの斑入り青葉が見つかりましたからネットで買いました。

コルジリネが二株になったといっても、

二株ともカマキリに占領されるかもしれません。

それならそれでいいのです。

斑入り青葉のコルジリネは、コルジリネレッドスターから少し離れたところに植えます。

3~4年すれば、虫のマンションになりますね。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
マリアカラス
e0288951_18295494.jpg

グルスアンアーヘン
e0288951_18311710.jpg

メドーセージ
e0288951_18314531.jpg

今日の夕日
e0288951_1832993.jpg


e0288951_18322438.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-11-13 18:57 | ナチュラルガーデン | Comments(0)