落花生掘り

我が家の秋の恒例行事、落花生堀りに家族が行ってきました。

4~5年前までは私も一緒に行っていたのですが

ここしばらくは、収穫を楽しみに留守番しています。

落花生堀りに行くまでは、落花生が土の中に出来るなんて知りませんでした。

他の豆のように枝に生るものかと思っていました。

土が柔らかいので、簡単に落花生の枝を掘り上げられます。

そして、根っこについている落花生をむしり取ればいいのです。

面白いのは、その年によって、出来具合が違うのです。

物凄く違うのですよ。

落花生というものは、天候の影響を非常に受けやすいものだと知りました。

野菜も果物もお米もみな、お天気の影響を受けますけど

落花生ほどではないのではないか・・・と思われます。

それくらい、非常にセンシティヴな落花生です。

昨年に引き続き今年も不作なのだそうですが

それでも、落花生を目にすると、つい、笑みが浮かびますね~
e0288951_19163710.jpg

生ピーナッツで食べるには、大鍋で茹でます。

時間がかかりますけどね。

柔らかめがが好みです・・・

フェイジョアと言うフルーツ、キーウイを優しく甘くしたような感じです
e0288951_1924879.jpg

友人が作った竹炭、嬉しいです!
e0288951_1925238.jpg

自然と繋がろうと考えている人たちがたくさんいます。

何故だかわからないけれど自然に惹かれていく・・・

多分、それは自然なことなのですよね。

身の周りの小さな自然と仲良くすると、心も身体も喜びますから・・・


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
クレアオースティン
e0288951_19324535.jpg

パパメイアン
e0288951_19331481.jpg

Happy Halloween
e0288951_19334949.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



ブルガリアローズの花摘み&フェスティバル


心と身体

トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/22529826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2014-10-31 19:35 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri