細菌とウイルス

今日届いたメルマガからです。

ウイルスは、核とタンパク質だけの構造のため、自分で細胞分裂できない。
増殖するためには、宿主のDNAに自分の遺伝情報を書き込む。その結果、
ウイルスに乗っ取られた宿主の細胞は本来の自分とは異なった細胞になって
いるので、免疫の攻撃を受けることになる。発熱や炎症が起きることになる。


同じ病原体でも、細菌とウイルスの違いは、

細菌は、人の体内で細胞分裂をして自己増殖しながら人の細胞に侵入する

細菌には、その特性に応じたさまざまな抗生物質や合成抗菌薬がある

ウイルスは、単独では増殖できないので、人の細胞の中に侵入し増殖する

ウイルスは細胞膜がなく人の細胞に寄生しているため、治療薬は少ししかない

このように書かれています。

細菌とウイルスの違いなど、私は全く知りませんでした。

病原菌について考えたこともありませんでしたからね。

私たちの体内や身の回りには、たくさんの微生物というか細菌がいるそうです。

腸内には数百種類100兆個の腸内細菌が住みついているといわれています。

乳酸菌、ビフィズス菌、大腸菌などの名前は聞いたことがありますが、

それ以外にも、たくさんの腸内細菌が、

ビタミンを再生したり、病原体の侵入を防いだり、

人体に有利に働いてくれているそうです。

細菌は我々に役に立つものがあるようですが

ウイルスはどうなのでしょうね・・・

ウイルスを寄せ付けないためには、どうすればよいのかなあと検索していると

防虫剤のようなものを首から下げるウイルス除けがあることを知りましたよ。

でも、そのホームページにいくと、

消費者庁から広告に関してクレームが付いたと書かれていて

ホームページの修正中なのだそうです。

いろいろありますね。

心配などしないで、明るく楽しく過ごすのが一番でしょうか・・・

そうすれば、ウイルスが入り込めないように免疫力が高くなりますからね。

母を見ていると、自分で選んでいるように見えます。

自分にやって来るものを・・・です。

考えられないものは来ない。

そのような世界に母は住んでいますね。

これもまたありなのでしょう。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
シェイクスピア
e0288951_18565827.jpg

シャリファアスマ
e0288951_18573696.jpg

今日の夕日
e0288951_18583984.jpg


e0288951_18585737.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/22521659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2014-10-28 19:25 | 健康 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri