フラワーセンターのバラ

鎌倉文学館のバラ庭園できれいに咲いているバラを見て、

また、大船フラワーセンターで伸び伸びと枝を伸ばし咲き誇っているバラを見て、

手をかけられているバラは美しいなあと心から思いました。

見事な大輪の花が咲いていたり、一枝に驚くほどのたくさんの花が咲いていたり、

手をかけられているって素晴らしいですね。

愛いっぱいのバラですよね。

翻って我が家のバラですが、

「シンプルなバラ育て」と「虫と一緒にバラ育て」

この二段構えでバラを育てています。

バラも心得たもので、それなりに咲いてくれます。

それなりにです・・・

こちらの気持ちを汲み取って、無理せず咲いている・・・

そのような感じですかね~

昨日のフラワーセンターのバラからいくつかご紹介します。

紫雲  京成バラ園 1984作出
e0288951_17471731.jpg

夢  京成バラ園 1994作出 
e0288951_17488100.jpg

ブラックティー   京阪園芸 1973作出 
e0288951_17514065.jpg
 
トーナメントオブロージズ  アメリカ J&P 1989作出
e0288951_17565220.jpg

ホワイトマジック  アメリカ J&P 1989作出
e0288951_18153414.jpg

マリアカラスとノスタルジー、我が家にもありますが、

違うバラのように立派に咲いていました。

マリアカラス  フランス メイアン 1965作出
e0288951_181916100.jpg

ノスタルジー  ドイツ タンタウ 1995作出
e0288951_18201374.jpg

我が家の庭には虫がたくさんいるので、

春にちょっと気を抜くと、バラの新芽や蕾が虫に食われて大変です。

この春はマリアカラスが一輪しか咲きませんでした。

来年はたくさん咲いてくれることを願っています。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ




アブラムシ退治は水だけでも有効だそうです・・・


心と身体
トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/22515752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2014-10-26 19:26 | 大船フラワーセンター | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri