百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

台風がやってきます

昼前に外を見ると、雨と風が強くなっていて、

細い枝が大きく揺れていいるのが目につきました。

2~3年目のミツバハマゴウ(プルプレア)は、ヒョロヒョロと伸びています。

枝には葉がたくさんついていて、蕾も花も付いています。

細い幹が折れると困りますからね。

外に出て行き、花やつぼみが付いている枝を何本も切り取りました。

そして、アンブリッジなど咲いているバラがありましたから、

台所に飾ってありますよ。

スーリールドゥモナリザ(モナリザの微笑み)は今10輪くらい咲いています。

咲いているバラを切り取ろうとしていたら、

バラの花の下でカマキリが雨宿りをしていました。

仕方ないので2輪切り取って終わりにしました。

昨日はメドウセージをたくさん切りましたが

その時にもカマキリがのそのそ動き出して引越しをしていました。

背中に頭のないカマキリを乗せていましたよ。

オスのカマキリは頭を食べられていました・・・

でも、食糧として持ち運んでいるのですね・・・

この大きなメスのカマキリも、次の世代の卵を産むと土に返るのでしょうけど、

実際にこの有様を目にすると、

虫の世界の厳しさをヒシヒシと感じます。

雨が降ると虫たちは草や花の下で雨をしのぎます。

じっと雨風を耐えているのでしょう。

アブラムシは台風に飛ばされてどこかに飛んでいくでしょうか・・・

台風は自然の脅威、致し方ありません。

3年に一度くらいは大型台風がやって来ますよね。

でもそのことは、多分ですが、バラや虫にとっては、想定内のことなのかもしれませんね。

きっと逞しく生き延びることでしょう。

バラは、折れた枝から新しく芽を出し葉を出したりしながら・・・

虫たちは卵を産み次の世代を残すことでしょう・・

今日はどういうわけか、写真がアップできません。

切り取ったバラを台所で写真に撮ったのですけどね。

このような日もありますね。

雨風が強くなってきました。

皆さまお気を付けてお過ごしください。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-10-05 18:52 | ナチュラルガーデン | Comments(0)